お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-10 10:00
音節の音素性とモーラ性 ~ 言語的人類は南アフリカの洞窟で生まれた ~
得丸久文著述業PRMU2020-33
抄録 (和) デジタル言語学は,音節のもつ音素性とモーラ性が,文字列からなるテキストやビット列からなるバイナリデータに受け継がれていて,音節⇒文字⇒ビットという物理層の三段階進化とそれに適応した脳の使い方の進化(論理層)によって言語的人類の知能は進化したと考える.音素は周波数領域における離散成分であるが,それは音声の周波数特性の問題ではなく,脳内に構築される母語音素記憶によって離散的に処理されている.音韻論はこれを理解できていない.音素は脳内の現象である.音素共有は南アフリカの洞窟で,真社会性化したことで生まれた 
(英) Digital Linguistics identifies that phonemic and moraic nature of syllables are transduced into text and binary, and that linguistic intelligence of humans have developed by inventing sophisticated brain usage in Logical layer in accordance with three stage evolution in Physical layer, namely syllables, a character set and bits. Phonemes are discrete elements in frequency domain. However it is not a matter of frequency characteristics but that of in-brain phoneme map which distinguish mother tongue phonemes, which phonologists have not been able to understand to date. Phonemes are in-brain phenomena. It was invented inside the caves in South Africa after humans had acquired so-called eusocial nature.
キーワード (和) 音韻論 / 真社会性 / 音素地図 / 無相関化 / 外国人嫌い / 音素進化 / 造語力 / 文法  
(英) Phonology / Eusociality / Phoneme Map / Decorrelation / Xenophobia / Evolution of Phonemes / Word Building Capacity / Grammar  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 187, PRMU2020-33, pp. 93-98, 2020年10月.
資料番号 PRMU2020-33 
発行日 2020-10-02 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2020-33

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2020-10-09 - 2020-10-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 人に関わる認識・理解 
テーマ(英) Recognition and understating of human 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2020-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音節の音素性とモーラ性 
サブタイトル(和) 言語的人類は南アフリカの洞窟で生まれた 
タイトル(英) Phonemic and Moraic Syllables 
サブタイトル(英) Linguistic Humans Were Born in South African Caves 
キーワード(1)(和/英) 音韻論 / Phonology  
キーワード(2)(和/英) 真社会性 / Eusociality  
キーワード(3)(和/英) 音素地図 / Phoneme Map  
キーワード(4)(和/英) 無相関化 / Decorrelation  
キーワード(5)(和/英) 外国人嫌い / Xenophobia  
キーワード(6)(和/英) 音素進化 / Evolution of Phonemes  
キーワード(7)(和/英) 造語力 / Word Building Capacity  
キーワード(8)(和/英) 文法 / Grammar  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-10 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2020-33 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2020-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会