お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-09 15:40
[ショートペーパー]正則化プーリング
緒續隆人早志英朗Zheng Yuchen内田誠一九大PRMU2020-31
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In convolutional neural networks (CNNs), pooling operations play important roles such as dimensionality reduction and deformation compensation.
In general, max pooling, which is the most widely used operation for local pooling, is performed independently for each kernel.
However, the deformation may be spatially smooth over the neighboring kernels.
This means that max pooling is too flexible to compensate for actual deformations.
In other words, its excessive flexibility risks canceling the essential spatial differences between classes.
In this paper, we propose textit{regularized pooling}, which enables the value selection direction in the pooling operation to be spatially smooth across adjacent kernels so as to compensate only for actual deformations.
The results of experiments on handwritten character images and texture images showed that regularized pooling not only improves recognition accuracy but also accelerates the convergence of learning compared with conventional pooling operations.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Pooling operation / Convolutional neural networks / Deformation compensation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 187, PRMU2020-31, pp. 84-89, 2020年10月.
資料番号 PRMU2020-31 
発行日 2020-10-02 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2020-31

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2020-10-09 - 2020-10-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Virtual 
テーマ(和) 人に関わる認識・理解 
テーマ(英) Recognition and understating of human 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2020-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正則化プーリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Regularized pooling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Pooling operation  
キーワード(2)(和/英) / Convolutional neural networks  
キーワード(3)(和/英) / Deformation compensation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 緒續 隆人 / Takato Otsuzuki / オツヅキ タカト
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 早志 英朗 / Hideaki Hayashi / ハヤシ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Zheng Yuchen / Zheng Yuchen / ヂァン ユチェン
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 誠一 / Seiichi Uchida / ウチダ セイイチ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-09 15:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2020-31 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.84-89 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2020-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会