お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-09 15:00
石材特徴と形状評価を用いた熊本城石垣領域抽出の検討
山崎雄喜右田雅裕上瀧 剛戸田真志熊本大)・岸上剛士凸版印刷PRMU2020-28
抄録 (和) 熊本城石垣修復処理を効率化するために石垣照合システムの開発を進めており,照合のために崩落前後の画像から石垣輪郭情報を抽出する必要がある.しかし,崩落前石垣画像から個々の石材領域を自動抽出するのは容易ではなく,これまで石材輪郭特徴を用いたGrabCutによる色ベースの手法を検討してきた.画像によっては高精度な抽出を行うことができたが,中には対象の石材の周囲にある石材や詰め石領域が結合される形で抽出されてしまう事例があった.そこで,本紙ではこの事例への対処として形状による評価の導入を検討する.特に熊本城石垣の石材においては多角形的であると想定され,凸包適合性と呼ばれる元の形状とその凸包の面積と周囲長変化に基づいた評価を用いる.この評価の有効性を検証するために先の手法による抽出結果の良い事例と悪い事例について凸包適合性で評価を行ったところ,余分領域が結合される事例の多くが良い場合よりも大きな不均一性を示した. 
(英) We are developing a stone wall collation system to efficiently repair the stone wall of Kumamoto Castle, and it is necessary to extract the contour information of each stone for collation. However, it is difficult to automatically extract individual stone regions from the pre-collapse stone wall image, and there have been many cases of over-integration due to the influence of the stone regions around the target stone from previous studies. In this paper, the shape of the stone was evaluated assuming that it was polygonal, and its effectiveness was verified. As a result, many cases of over-integration showed large heterogeneity.
キーワード (和) 復旧支援 / 領域抽出 / 輪郭抽出 / グラフカット / 形状評価 / / /  
(英) restoration assistance / area extraction / contour extraction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 187, PRMU2020-28, pp. 56-61, 2020年10月.
資料番号 PRMU2020-28 
発行日 2020-10-02 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2020-28

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2020-10-09 - 2020-10-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 人に関わる認識・理解 
テーマ(英) Recognition and understating of human 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2020-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 石材特徴と形状評価を用いた熊本城石垣領域抽出の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Kumamoto Castle ISHIGAKI Region Extraction Using Stone Features and Shape Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 復旧支援 / restoration assistance  
キーワード(2)(和/英) 領域抽出 / area extraction  
キーワード(3)(和/英) 輪郭抽出 / contour extraction  
キーワード(4)(和/英) グラフカット /  
キーワード(5)(和/英) 形状評価 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 雄喜 / Yuuki Yamasaki / ヤマサキ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 右田 雅裕 / Masahiro Migita / ミギタ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上瀧 剛 / Go Koutaki / コウタキ ゴウ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 真志 / Masashi Toda / トダ マサシ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸上 剛士 / Tsuyoshi Kishigami / キシガミ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 凸版印刷株式会社 (略称: 凸版印刷)
Toppan Printing Co., Ltd. (略称: TOPPAN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-09 15:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2020-28 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.56-61 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2020-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会