お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-09 10:40
車載基地局向け無線バックホールのためのビーム追従法
丸田一輝東工大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
抄録 (和) トラフィックの時空間変動に追従可能な適応的モバイルネットワークの一形態として,自動車を対象としたビークルセルネットワークを提案している.ここで,車載アクセスポイントとネットワークへの接続区間,つまりバックホールも無線接続となる.無線アクセス区間よりも通信距離があることから多素子アレーアンテナを用いたビームフォーミングが有効と考えられる.本稿では,直線型道路環境を想定したときの無線バックホール区間を対象とし,高速移動する車載アクセスポイントに対するビームを追従法を提案する. 車両の移動が道路上に拘束されている条件に着目し,当該道路形状を考慮しビーム方向を定める.同時に,車両の前後方向へ2パターンのビーム選択を行い,その結果に応じてビームの車両への追従速度を制御する.直線道路上の移動を模擬したシミュレーションにより,提案手法が有効に動作することを確認するとともに,ビーム選択手法に対する優位性を確認した. 
(英) This paper proposes a fast beam tracking algorithm for wireless backhauling to moving vehicles having access point function. The basic concept is developed earlier as the adaptive moving network to track to spatio-temporal traffic demand fluctuation. This architecture necessitates wireless connection between vehicular access points and network side. Further, wireless backhaul requires high capacity as well as coverage, therefore use of millimeter wave and massive array beamforming is essential. Our backhauling algorithm focuses on the constraint of movable region for vehicles on the road, in order to simplify the beam searching candidates. Computer simulation which assumes vehicle is running on the straight road verifies capability of the proposed algorithm even when the vehicle speed dynamically changes. It is also advantageous compared to the existing beam sweeping approach while ultimately reducing beam search overhead.
キーワード (和) ビーム追従 / 無線バックホール / ミリ波 / 車載アクセスポイント / 移動型ネットワーク / / /  
(英) Beam tracking / Wireless backhaul / Millimeter wave / Vehicular access point / Moving network / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2020-10-08 - 2020-10-09 
開催地(和) 西堀会議室(新潟) 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2020-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載基地局向け無線バックホールのためのビーム追従法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Beam Tracking for Wireless Mobile Backhaul on Vehicle-Mounted Access Point 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビーム追従 / Beam tracking  
キーワード(2)(和/英) 無線バックホール / Wireless backhaul  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / Millimeter wave  
キーワード(4)(和/英) 車載アクセスポイント / Vehicular access point  
キーワード(5)(和/英) 移動型ネットワーク / Moving network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-09 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会