電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-08 15:35
ボトムアップ注意によって誘発されるマイクロサッカードの方向と注意方向との関係
野口翔悟小濱 剛吉田 久近畿大HIP2020-36
抄録 (和) マイクロサッカードの方向と注意の方向が一致するとの研究報告があるが,その一方で,それらの間に相 関が無いとの主張も存在する.注意とマイクロサッカードの方向との関連性を見出すためには,トップダウン要素を 排除した実験方法の方が適切であると思われる.そこで本研究では,ボトムアップ注意によって誘導されるマイクロ サッカードの方向と注意の方向との因果関係関を明らかにすることを目的として,ランダムなタイミングで周辺視野 に提示された光刺激に対してボトムアップ注意の移動を誘発する実験を行った.その結果,マイクロサッカード方向 に右向きのバイアスがあり,注意の方向との明確な因果関係は確認されなかった.このことから,ボトムアップ注意 はマイクロサッカードの方向に影響を及ぼさないことが示唆された. 
(英) Some previous studies have shown that the direction of microsaccades coincides with the direction of visual attention, while the others have claimed that there is no causality between them. In order to elucidate a relationship between the direction of attention and microsaccade, an experimental method that eliminates the top-down element seems to be more appropriate. In this study, we conducted an experiment to induce bottom-up attention shifts in response to light stimuli presented in the peripheral field at random times to clarify the causal relationship between the direction of microsaccades and the direction of attention. We found a rightward bias in the direction of microsaccades, and no clear causal relationship with the direction of attention was identified. These results suggest that bottom-up attention has no effect on the direction of microsaccades.
キーワード (和) 固視微動 / マイクロサッカードの方向 / 注意の方向 / ボトムアップ注意 / トップダウン注意 / / /  
(英) Fixation eye movement / Microsaccade direction / Attention direction / Bottom-up attention / Top-down attention / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 185, HIP2020-36, pp. 21-26, 2020年10月.
資料番号 HIP2020-36 
発行日 2020-10-01 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2020-36

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2020-10-08 - 2020-10-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2020-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボトムアップ注意によって誘発されるマイクロサッカードの方向と注意方向との関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between direction of microsaccades induced by bottom-up attention and direction of attention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 固視微動 / Fixation eye movement  
キーワード(2)(和/英) マイクロサッカードの方向 / Microsaccade direction  
キーワード(3)(和/英) 注意の方向 / Attention direction  
キーワード(4)(和/英) ボトムアップ注意 / Bottom-up attention  
キーワード(5)(和/英) トップダウン注意 / Top-down attention  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 翔悟 / Shogo Noguchi / ノグチ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 久 / Hisashi Yoshida / ヨシダ ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-08 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2020-36 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2020-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会