お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-07 14:05
[招待講演]鉄道における情報通信に関する研究開発
中村一城鉄道総研NS2020-61
抄録 (和) 日本の鉄道では,新橋~横浜間に鉄道が開業した当時から列車を安全に運行するための連絡手段として通信システムが導入されており,現在まで欠かせないシステムとなっている.本稿では,鉄道の情報通信システムの変遷と現在導入されている主な有線通信設備・無線通信設備についての概要を述べる.さらに,今後の導入が期待される近年の研究開発動向について紹介する。 
(英) In Japan, the railway communication systems have been introduced for safely operating trains since the opening of the railway. In this paper, we introduced the outlines of the wired and wireless communication systems. In addition, we will
introduce recent R & D trends that are expected to be introduced in the future.
キーワード (和) 鉄道通信システム / 列車無線 / ミリ波 / 光ファイバ無線 / 無線式列車制御システム / / /  
(英) railway communication system / train radio / millimetere-wave / radio over fiber / radio communication based train control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 183, NS2020-61, pp. 35-40, 2020年10月.
資料番号 NS2020-61 
発行日 2020-09-30 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2020-61

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2020-10-07 - 2020-10-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ、P2P、ユビキタスNW、スケールフリーNW、アクティブNW、NGN・新世代NW、IoT、エッジコンピューティング)、次世代パケットトランスポート(高速Ethernet、IP over WDM、マルチサービスパケット技術、MPLS)、グリッド、一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN/NwGN, IoT, Edge computing, Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2020-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鉄道における情報通信に関する研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research and Development of Information and Telecommunication Systems in Railway 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鉄道通信システム / railway communication system  
キーワード(2)(和/英) 列車無線 / train radio  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / millimetere-wave  
キーワード(4)(和/英) 光ファイバ無線 / radio over fiber  
キーワード(5)(和/英) 無線式列車制御システム / radio communication based train control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 一城 / Kazuki Nakamura / ナカムラ カズキ
第1著者 所属(和/英) 鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-07 14:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2020-61 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2020-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会