お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-01 14:00
MRCoHOG特徴量を用いた人物認識処理のFPGA実装
長嶺佑哉吉弘憲大九工大)・柴田雅聡山田英夫エクォス・リサーチ)・榎田修一田向 権九工大SIS2020-16
抄録 (和) 本研究では,Multiresolution Co-occurrence Histograms of Oriented Gradients(MRCoHOG)特徴量を用いた人物認識処理のハードウェア設計を行い,Field-Programmable Gate Array(FPGA)に実装することで高速化を目指す.先行研究において課題であった特徴量保存のメモリリソース消費を解決するために,識別器である2値化ニューラルネットワーク(Binarized Neural Networks: BNN)のパイプライン化を提案する.$32 times 64$ ピクセルの画像に対し,人か否かの2クラス分類を行う処理について,設計回路の有効性を検証した.その結果,特徴量保存用のメモリリソース消費を0に抑えることができた. 
(英) In this research, we design a hardware of human recognition using Multiresolution Co-occurrence Histograms of Oriented Gradients (MRCoHOG) features and implement to Field-Programmable Gate Array (FPGA) for accelerating it. We propose a pipelined architecture of classifier, based on binarized neural networks (BNN) to solve large memory resources of FPGA for storing features. We verified the effectiveness of the designed circuits for a binary classifier that recognizes an input image is human being or not for an image size of 32 times 64 pixels. Experimental results show that the proposed method reduces memory resources for storing features completely about compared with the ordinary method.
キーワード (和) 画像処理 / 人物認識 / HOG / MRCoHOG / FPGA / / /  
(英) Image Processing / Human Recognition / HOG / MRCoHOG / FPGA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 176, SIS2020-16, pp. 35-39, 2020年10月.
資料番号 SIS2020-16 
発行日 2020-09-24 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2020-16

研究会情報
研究会 SIS ITE-BCT  
開催期間 2020-10-01 - 2020-10-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システム実現技術, 近距離通信応用システム, 知的マルチメディア処理システム,放送技術および一般 
テーマ(英) System Implementation Technology, Short Range Wireless Systems, Smart Multimedia Systems, Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2020-10-SIS-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MRCoHOG特徴量を用いた人物認識処理のFPGA実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An FPGA Implementation of Human Recognition using MRCoHOG Features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像処理 / Image Processing  
キーワード(2)(和/英) 人物認識 / Human Recognition  
キーワード(3)(和/英) HOG / HOG  
キーワード(4)(和/英) MRCoHOG / MRCoHOG  
キーワード(5)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長嶺 佑哉 / Yuya Nagamine / ナガミネ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉弘 憲大 / Kazuki Yoshihiro / ヨシヒロ カズキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 雅聡 / Masatoshi Shibata / シバタ マサトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エクォス・リサーチ (略称: エクォス・リサーチ)
EQUOS RESEARCH Co., Ltd (略称: EQUOS RESEARCH)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 英夫 / Hideo Yamada / ヤマダ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エクォス・リサーチ (略称: エクォス・リサーチ)
EQUOS RESEARCH Co., Ltd (略称: EQUOS RESEARCH)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎田 修一 / Shuichi Enokida / エノキダ シュウイチ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田向 権 / Hakaru Tamukoh / タムコウ ハカル
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-01 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2020-16 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2020-09-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会