お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-09-28 16:45
光音響顕微鏡による光老化進行度の定量評価に関する検討
服部弘毅浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大US2020-40
抄録 (和) 我々はこれまで,皮膚の光老化の程度の定量化をめざして,光音響顕微鏡を用いて様々な老化の進行度(ステージ)のヒト皮膚切片の光音響像を取得し,皮膚光老化の進行とともに真皮上層部における光音響信号強度が強くなることを明らかにしてきた.そこで本研究では,サンプル数を増やしてより詳細に検討した.その結果,可視光領域において各老化のステージ間における光音響信号強度に有意な差(p < 0.01)があることを確認した.以上の解析をとおし,真皮上層部における光音響信号の強度から皮膚光老化の進行度を推定できる可能性を実証した. 
(英) To quantify skin aging caused by ultraviolet light exposure (i.e. photo-aging), photoacoustic images of human skin sections in various stages of photo-aging were obtained. The upper dermis in these sections were measured by acoustic resolution photoacoustic microscopy at the wavelength of visible light region. The relation between stages of photo-aging and the intensity of photoacoustic signal was investigated. Furthermore, t-test was conducted between each stage. The result clarified that the PA signal increases significantly as photo-aging progresses (p < 0.01). These analyses demonstrate that photoacoustic imaging is effective in evaluating photo-aging.
キーワード (和) 表皮 / 真皮 / 皮下組織 / 非侵襲 / 光音響 / 皮膚切片 / /  
(英) epidermis / dermis / subcutaneous tissue / non-invasive / optoacoustic / skin section / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 174, US2020-40, pp. 67-72, 2020年9月.
資料番号 US2020-40 
発行日 2020-09-21 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2020-40

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2020-09-28 - 2020-09-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般(共催:東北大学電気通信研究所 超音波エレクトロニクス研究会、日本超音波医学会光超音波画像研究会、レーザー学会光音響イメージング技術専門委員会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-09-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光音響顕微鏡による光老化進行度の定量評価に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study for quantitative evaluation of degrees of photo-aging progression using photoacoustic microscopy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表皮 / epidermis  
キーワード(2)(和/英) 真皮 / dermis  
キーワード(3)(和/英) 皮下組織 / subcutaneous tissue  
キーワード(4)(和/英) 非侵襲 / non-invasive  
キーワード(5)(和/英) 光音響 / optoacoustic  
キーワード(6)(和/英) 皮膚切片 / skin section  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 弘毅 / Hiroki Hattori / ハットリ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浪田 健 / Takeshi Namita / ナミタ タケシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 健悟 / Kengo Kondo / コンドウ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山川 誠 / Makoto Yamakawa / ヤマカワ マコト
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎名 毅 / Tsuyoshi Shiina / シイナ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-09-28 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2020-40 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2020-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会