お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-09-10 10:55
ラット海馬スライスにおけるベータ周波数帯バースト電気刺激とシータ周波数帯バースト電気刺激によるてんかん様発火抑制の差
澤田豊宏夏目季代久九工大NLP2020-23
抄録 (和) 脳状態を反映するとされている脳波は様々な種類の周波数で観察されている。以前、神経疾病であるてんかんに関与する脳波のてんかん波と記憶学習に関与する脳波のβ波をラットの海馬スライスに薬品投与することで再現したところ間欠的に誘導されるβ波はてんかん波を抑制し、その抑制にはアデノシン受容体が関与することが示された。またβ周波数帯の電気刺激においても同様の結果であり、θ周波数帯に加えβ周波数帯においてもてんかん波が抑制されることが示されたが、θ周波数帯との差や抑制に関与するメカニズムについては調べられていない。そこで本研究はβ周波数帯とθ周波数帯を電気刺激において再現し、その違いをてんかん波抑制とアデノシン受容体の関与について調べた。その結果、β周波数帯よりもθ周波数帯の刺激は抑制効果が低いことが示された。また、アデノシン受容体の関与についてはどちらの周波数帯のてんかん波抑制もサブタイプであるA1が関与し、刺激後のてんかん波が再度誘導されるまでの時間を短縮化することが明らかとなった。この結果は電気刺激によるてんかん波抑制にはアデノシン受容体のA1が関与し、周波数間の抑制率の違いにはアデノシン以外のメカニズムが存在する可能性がある。 
(英) A number of studies on neurological diseases and EEG have been reported. The epileptic discharges regarding the neurological disease epilepsy and the β rhythms involved in learning and memory were induced in the rat hippocampal slices, and the epileptic discharges were suppressed. The intermittently drug induced β-bursts and induced by electrical stimulation based on the parameters obtained from the β-bursts suppressed the epileptic discharges. However, the difference with the θ frequency band and the mechanism involved have not been known. Therefore, this study reproduced the β frequency bursts and the θ frequency bursts by electrical stimulation and investigated the difference. As a result, it was shown that both of them involved adenosine receptors and had a lower inhibitory effect in the θ frequency than in the β frequency. Regarding the involvement of adenosine receptors, it revealed that adenosine subtype A1 was related to the suppression of epileptic discharges in both frequency, and shortened the time until the epileptic discharges are re-induced after stimulation. This result suggests that there is a mechanism other than adenosine in the difference in the inhibition rate between frequencies.
キーワード (和) βリズム / θリズム / 電気刺激 / てんかん / 海馬 / アデノシン受容体 / /  
(英) Beta rhythm / Theta rhythm / Electrical Stimulation / Epilepsy / Hippocampus / Adenosine receptor / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 165, NLP2020-23, pp. 7-12, 2020年9月.
資料番号 NLP2020-23 
発行日 2020-09-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2020-23

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2020-09-10 - 2020-09-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2020-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラット海馬スライスにおけるベータ周波数帯バースト電気刺激とシータ周波数帯バースト電気刺激によるてんかん様発火抑制の差 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Difference in suppression of epileptic discharges between beta frequency burst stimulation and theta frequency burst electrical stimulation in rat hippocampal slices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) βリズム / Beta rhythm  
キーワード(2)(和/英) θリズム / Theta rhythm  
キーワード(3)(和/英) 電気刺激 / Electrical Stimulation  
キーワード(4)(和/英) てんかん / Epilepsy  
キーワード(5)(和/英) 海馬 / Hippocampus  
キーワード(6)(和/英) アデノシン受容体 / Adenosine receptor  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 豊宏 / Toyohiro Sawada / サワダ トヨヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 季代久 / Kiyohisa Natume / ナツメ キヨヒサ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-09-10 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2020-23 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2020-09-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会