お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-09-02 15:05
小型断熱量子磁束パラメトロン/単一磁束量子回路間インターフェースの設計と評価
山﨑祐一竹内尚輝吉川信行横浜国大SCE2020-5
抄録 (和) 超伝導回路には、エネルギー効率の高い断熱量子磁束パラメトロン (AQFP) 回路や、高速動作性を持つ高速単一磁束量子 (RSFQ) 回路が提案されている。これらの特性を活かした大規模システムの構築のため、我々はAQFP回路とRSFQ回路間のインターフェース回路の研究を行っている。今回、我々はQFP回路を非断熱的に変化させ、ジョセフソン接合にパルス状の電圧を発生させ、SFQパルスに変換する回路を設計した。設計したインターフェース回路は、従来のインターフェース回路と比べて接合数と回路面積が小さく、シミュレーションにおいて広い動作マージンを確認した。また、本インターフェース回路は配線長制限のあるAQFP回路の長距離信号伝播に有用で、AQFP回路の信号電流を、PTL上を伝播するSFQパルスへと変換し、再びAQFP回路へと伝達する回路を設計し、低速実験による動作実証を行った。 
(英) In superconducting circuits, adiabatic quantum flux parametron (AQFP) circuits with high energy efficiency and fast single-flux-quantum (RSFQ) circuits with fast operation have been proposed. In order to construct a large scale system taking advantage of these circuits, we are studying the interface circuits between AQFP and RSFQ circuits. In this study, we have designed a non-adiabatic variation of the QFP circuit to generate a pulsed voltage at the Josephson junction and convert it to a SFQ pulse. The designed interface circuit has a smaller number of junctions and a smaller circuit area than the conventional interface circuit, and a wider bias margin in the simulation. The interface circuit is useful for long-distance signal propagation in an AQFP circuit with a limited wiring length.
キーワード (和) RSFQ / AQFP / インターフェイス / / / / /  
(英) RSFQ / AQFP / interface / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 153, SCE2020-5, pp. 21-26, 2020年9月.
資料番号 SCE2020-5 
発行日 2020-08-26 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2020-5

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2020-09-02 - 2020-09-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online conference 
テーマ(和) SQUID,検出器, 一般 
テーマ(英) SQUID, Detector, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2020-09-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型断熱量子磁束パラメトロン/単一磁束量子回路間インターフェースの設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Compact Interfaces between Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Logic and Rapid Single-Flux-Quantum Logic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RSFQ / RSFQ  
キーワード(2)(和/英) AQFP / AQFP  
キーワード(3)(和/英) インターフェイス / interface  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 祐一 / Yuichi Yamazaki / ヤマザキ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl., Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 尚輝 / Naoki Takeuchi / タケウチ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl., Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 信行 / Nobuyuki Yoshikawa / ヨシカワ ノブユキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl., Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-09-02 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2020-5 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SCE-2020-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会