お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-28 14:00
マルチコアファイバの複数コア同時モードフィールド径測定
大関真生小田拓弥竹永勝宏愛川和彦フジクラOCS2020-4
抄録 (和) マルチコアファイバ(MCF)を用いた空間多重技術が注目を集めている.モードフィールド径(MFD)はファイバの接続損失に大きく影響するため,MCFにおいても全てのコアで精確に測定する必要がある.しかしながら,MCFは1本のファイバの中に複数のコアが含まれるため,既存のシングルモードファイバ(SMF)と同様の測定方法では測定時間がコア数に比例して増加してしまう.測定時間はMCFの製造コストに影響するため,測定時間の短縮が強く求められている.そこで本報告では,近赤外カメラを用いたニアフィールドパターン測定法により,MCFの複数コアのMFDを同時に測定できる手法を提案する.今回の検討では,4コアファイバのMFDを全コア同時測定することにより,1コア当たりの測定時間をSMF比で0.48倍に短縮することを達成した. 
(英) Space-division multiplexing technologies with multi-core fibers (MCFs) have been promising. Mode field diameter (MFD) is an important parameter for connection losses of optical fibers. Thus, MFD have to be measured precisely in MCFs. However, conventional measurement methods are time-consuming for MCFs, because MCFs include multiple cores in a fiber and all of them have to be measured one by one. The cost of MCFs depends on the measurement time, therefore shorten the measurement time of MCFs is strongly required. In this paper, we propose a simultaneous measurement method on MFD of multiple cores in MCFs using a near-infrared camera with near field pattern (NFP) scan method. In this investigation, we achieved shortening of MFD measurement time per core to 0.48 times compare to conventional single-mode fibers, by simultaneous measurement of all cores in a 4-core fiber.
キーワード (和) マルチコアファイバ / モードフィールド径 / 近赤外カメラ / ニアフィールドパターン法 / / / /  
(英) Multi-core fiber / Mode field diameter / Near-infrared camera / Near field scan method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 140, OCS2020-4, pp. 1-4, 2020年8月.
資料番号 OCS2020-4 
発行日 2020-08-20 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2020-4

研究会情報
研究会 OCS OFT LSJ  
開催期間 2020-08-27 - 2020-08-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、光ファイバ線路構成部品、光信号処理、光ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、光給電、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2020-08-OCS-OFT-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチコアファイバの複数コア同時モードフィールド径測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simultaneous Measurement on Mode Field Diameter of Multiple Cores in Multi-core Fibers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチコアファイバ / Multi-core fiber  
キーワード(2)(和/英) モードフィールド径 / Mode field diameter  
キーワード(3)(和/英) 近赤外カメラ / Near-infrared camera  
キーワード(4)(和/英) ニアフィールドパターン法 / Near field scan method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大関 真生 / Masaki Ohzeki / オオゼキ マサキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 拓弥 / Takuya Oda / オダ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹永 勝宏 / Katsuhiro Takenaga / タケナガ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 愛川 和彦 / Kazuhiko Aikawa / アイカワ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-28 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2020-4 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2020-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会