お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-28 13:30
[招待講演]L0勾配正則化に基づく画像平滑化とその応用
松岡 諒北九州市大SIP2020-37
抄録 (和) 本講演では, 勾配領域のスパース性を促進するL0勾配正則化に関してこれまでの研究について概説する. L0勾配は, 画像の勾配のL0ノルムにより定義され, 正則化として用いることで勾配領域のスパース性を促進することができる. L2ノルムのデータ項とともにL0 勾配を最小化することで, 大きな輝度変動成分を保持しつつ小さな輝度変動成分を除去した局所的に平坦な画像が得られる. そのため, 画像平滑化やコントラスト強調, トーンマッピングなどのアプリケーションに応用されている. また, ブレ除去やイラスト画像のJPEGノイズ除去などの画像復元にも用いられており, その応用は多岐にわたる. 本講演では, L0勾配正則化に関する従来研究の概説に加えて, 筆者が取り組んでいるL0勾配正則化の応用研究について解説する. 
(英) This talk outlines research on image processing based on L0 gradient regularization that promotes sparseness in the gradient domain. A piecewise smooth image is obtained by minimizing the L0 gradient together with the commonly used data-fidelity term based on the L2-norm. It is useful for some applications such as image smoothing, contrast enhancement, and tone-mapping, and so on. It is also used for image restoration such as blur removal and JPEG noise removal for illustration images. In this talk, the previous studies on L0 gradient regularization are briefly reviewed. In addition, our researches on L0 gradient regularization are explained.
キーワード (和) 画像平滑化 / L0勾配 / 正則化 / スパース性 / / / /  
(英) Image smoothing / L0 gradient / regularization / sparseness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 142, SIP2020-37, pp. 33-33, 2020年8月.
資料番号 SIP2020-37 
発行日 2020-08-20 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2020-37

研究会情報
研究会 SIP  
開催期間 2020-08-27 - 2020-08-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 数理,学習,信号処理一般(画像・音声音響・通信・実現システム・基礎等) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2020-08-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) L0勾配正則化に基づく画像平滑化とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image smoothing based on L0 gradient regularization and its applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像平滑化 / Image smoothing  
キーワード(2)(和/英) L0勾配 / L0 gradient  
キーワード(3)(和/英) 正則化 / regularization  
キーワード(4)(和/英) スパース性 / sparseness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 諒 / Ryo Matsuoka / マツオカ リョウ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-28 13:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2020-37 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 p.33 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-SIP-2020-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会