電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-26 13:25
空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の実測データによる評価
上前 舜神奈川大)・虻川和紀木更津高専)・佐藤智夫松本さゆり港湾空港技研)・干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2020-21
抄録 (和) 港湾施設で使用される鋼矢板の厚さ測定は, 損傷や劣化などの形状変化による性能低下を検査するために必要である. 水中港湾鋼構造物の維持管理のために、効率的かつ高精度な板厚測定手法が望まれている.われわれはこれまでに,空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定法を提案し,模擬実験により性能を評価した.本稿では,実環境で得られたデータを用いて提案手法を評価した.その結果, 測定した鋼板の板厚が一定だった場合にはこの手法が有効であることが分かった. 
(英) Thickness gauging of steel sheet piles used in port facilities is necessary to inspect performance deterioration due to shape changes such as damage and deterioration. For the maintenance of underwater harbor steel structures, an efficient and highly accurate thickness gauging method is desired. We have proposed a non-contact ultrasonic thickness gauging method using a spatial frequency filter and evaluated its performance by simulated experiments. In this paper, we evaluated the proposed method using data obtained in a real environment. As a result, it was found that this method is effective when the measured thickness of steel sheet is constant.
キーワード (和) 多重反射 / 実環境 / 板厚測定 / B⁻スキャン画像 / 周波数フィルタ / / /  
(英) B-scan images / thickness gauging / real environment / Multiple reflection / Frequency filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 139, US2020-21, pp. 5-9, 2020年8月.
資料番号 US2020-21 
発行日 2020-08-19 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2020-21

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2020-08-26 - 2020-08-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 水中音響, 一般(共催:海洋音響学会) 
テーマ(英) Underwater acoustics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の実測データによる評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of non-contact ultrasonic thickness gauging method using spatial frequency filter in actual underwater environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重反射 / B-scan images  
キーワード(2)(和/英) 実環境 / thickness gauging  
キーワード(3)(和/英) 板厚測定 / real environment  
キーワード(4)(和/英) B⁻スキャン画像 / Multiple reflection  
キーワード(5)(和/英) 周波数フィルタ / Frequency filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上前 舜 / Shun Uemae / ウエマエ シュン
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa Univercity (略称: KU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 虻川 和紀 / Kazuki Abukawa / アブカワ カズキ
第2著者 所属(和/英) 木更津工業高等専門学校 (略称: 木更津高専)
National Institute of Technology, Kisarazu College (略称: NITKC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 智夫 / Tomoo Satoh / サトウ トモオ
第3著者 所属(和/英) 港湾空港技術研究所 (略称: 港湾空港技研)
Port and Airport Research Institute (略称: PARI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 さゆり / Sayuri Matsumoto / マツモト サユリ
第4著者 所属(和/英) 港湾空港技術研究所 (略称: 港湾空港技研)
Port and Airport Research Institute (略称: PARI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 干場 功太郎 / Kotaro Hoshiba / ホシバ コウタロウ
第5著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa Univercity (略称: KU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 健伸 / Takenobu Tsuchiya / ツチヤ タケノブ
第6著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa Univercity (略称: KU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 信行 / Nobuyuki Endoh / エンドウ ノブユキ
第7著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa Univercity (略称: KU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-26 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2020-21 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2020-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会