お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-21 15:30
ウニ型組織の提案とオンラインコミュニケーションの展望
杉浦愛実日大)・野寄修平東大)・大澤正彦日大HCS2020-27
抄録 (和) 昨今の新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受け、対面での集団活動が制限された結果、オフラインでの教育機会が減少している。この影響は教育の質の低下という問題にとどまらず、本来教育の場で形成されるはずであったコミュニティ形成の機会損失にもつながっている。本研究では、オンライン環境でも円滑なコミュニティが形成可能な新たな組織の形を設計する。提案する組織は、組織の目的を個人に強制せず、個人が各々の方向性に軸を伸ばしていける組織であるという観点から、ウニ型組織と呼ぶ。また、ウニ型組織ではソフトウェアエージェントを介入させることで、より多くの人が寄り添いながら成長できる可能性がある。 
(英) The pandemic of COVID-19 has limited the chance of face-to-face education. This not only declines the quality of education but also limits the opportunity of forming a multidisciplinary community in which students from many different backgrounds work together. We propose a new type of community that can be also achieved in an online environment. We call this "Sea-urchin-like organization" because every member of this organization has his/her own goal under the objective of the organization, and it can consequently have many goals like spikes of a sea urchin.
キーワード (和) ティール組織 / ホラクラシー / コミュニティ形成 / ヒューマンエージェントインタラクション / / / /  
(英) teal organization / holacracy / community formation / human-agent interaction (HAI) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 136, HCS2020-27, pp. 35-40, 2020年8月.
資料番号 HCS2020-27 
発行日 2020-08-14 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2020-27

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2020-08-21 - 2020-08-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 人と寄り添うコミュニケーション支援のための学際研究,および一般 
テーマ(英) Tele-Communication Support System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2020-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウニ型組織の提案とオンラインコミュニケーションの展望 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sea-urchin-like organization and the future perspective of online communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ティール組織 / teal organization  
キーワード(2)(和/英) ホラクラシー / holacracy  
キーワード(3)(和/英) コミュニティ形成 / community formation  
キーワード(4)(和/英) ヒューマンエージェントインタラクション / human-agent interaction (HAI)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 愛実 / Manami Sugiura / スギウラ マナミ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univ. (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野寄 修平 / Shuhei Noyori / ノヨリ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Univ. of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 正彦 / Masahiko Osawa / オオサワ マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univ. (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-21 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2020-27 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.136 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2020-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会