電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-20 13:25
[依頼講演]UAV-based Wireless Surveillance System enabled by High Resolution Video Transmission
Tao YuShunya ImadaKiyomichi ArakiKei SakaguchiTokyo TechSAT2020-14 RCS2020-78
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Unmanned aerial vehicles (UAVs) are attracting great interests and popularities among academia, industry, business as well as common consumers, because they flexibly extend the mobilities from 2D to 3D space and are expected to be applied to and deeply transform a wide range of applications, among which the real-time high-resolution video surveillance system using UAV especially gains our research interests. Conventional surveillance systems using cameras with fixed locations severely suffer the blind spots, owning to the inevitable view blockage and inappropriate deployments. Instead, by using the UAV equipped with cameras, the surveillance performance can be drastically improved because their high mobilities make it possible to flexibly avoid any blockage in the view path. Besides, the video quality is also a key factor of the surveillance performance, especially for the automatic monitoring system. The high-resolution and high-quality video can greatly improve the detection accuracy. However, it is challenging to transmit the high-resolution video with such a huge size to the ground station in real time, let alone perform the automatic detection in the UAV because of their limited battery life compared to the big consumed power by AI detection. To address the issue, we designed the communication architecture of high-resolution video transmission for UAV-based wireless surveillance system, moreover, with the edge computing and offloading. In this paper, for short- and long-distance use-case, an mmWave-based solution for uncompressed 4K video transmission for short-distance surveillance, and a multi-UAV surveillance system in 5.7GHz for long-distance surveillance are given. Numerical simulations and experimental results are consistent with the system design expectations.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) UAV / surveillance / mmWave / multi-UAV / uncompressed 4K video / full-duplex / aerial communication /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 130, RCS2020-78, pp. 1-6, 2020年8月.
資料番号 RCS2020-78 
発行日 2020-08-13 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2020-14 RCS2020-78

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2020-08-20 - 2020-08-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-08-SAT-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) UAV-based Wireless Surveillance System enabled by High Resolution Video Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / UAV  
キーワード(2)(和/英) / surveillance  
キーワード(3)(和/英) / mmWave  
キーワード(4)(和/英) / multi-UAV  
キーワード(5)(和/英) / uncompressed 4K video  
キーワード(6)(和/英) / full-duplex  
キーワード(7)(和/英) / aerial communication  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ユ タオ / Tao Yu / ユ タオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今田 舜也 / Shunya Imada / イマダ シュンヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki /
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi /
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-20 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2020-14,IEICE-RCS2020-78 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.129(SAT), no.130(RCS) 
ページ範囲 pp.25-30(SAT), pp.1-6(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2020-08-13,IEICE-RCS-2020-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会