お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-08-07 13:25
瞬時スペクトル減算法による到来方向が異なる複数雑音の抑圧
竹中幸輝小澤賢司山梨大EA2020-15
抄録 (和) マイクロホンアレイを利用した雑音抑圧のために,ニューラルネットワーク(以下NNと略記)を使用した研究が行われてきた.本研究では,マイクロホンアレイからの出力を時空間音圧分布画像に変換し,それを2次元高速フーリエ変換することによって得られる振幅と位相の2次元スペクトルを利用した雑音抑圧を行った.また,先行研究の課題として挙げられていた,複数の雑音源にも対応可能なシステムの提案と性能評価も行った.複数音源からの信号により得られる2次元スペクトルの特徴を観察し,これに対処するよう2音源の信号による2次元スペクトルをNNの学習データとすることでシステムを実現した.計算機シミュレーションの結果,2つの雑音源からの信号に対して$-13 sim -17$~dB,3つの雑音源からの信号に対して$-10 sim -17$~dB程度の雑音抑圧量を得た. 
(英) Studies on noise suppression using a microphone array and neural networks (NN) have been conducted. In this study, the output from the microphone array is converted into a spatio-temporal sound pressure distribution image, and the two-dimensional (2D) spectrum of the amplitude and phase obtained by the 2D fast Fourier transform is used for noise suppression. In addition, a system that can handle multiple noise sources is proposed and its performance is evaluated, which has been an issue in previous studies. The system was realized by observing the characteristics of the 2D spectra obtained from multiple sources and using the 2D spectra of two sources as the training data of NN to deal with them. As a result of computer simulations, the noise suppression of about $-13 sim -17$~dB for two noise sources and $-10 sim -17$~dB for three noise sources was obtained.
キーワード (和) マイクロホンアレイ / 2次元スペクトル / ニューラルネットワーク / 到来方向 / 複数雑音抑圧 / / /  
(英) Microphone array / Two-dimensional spectrum / Neural network / Direction of arrival / Multiple noise suppression / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 128, EA2020-15, pp. 9-14, 2020年8月.
資料番号 EA2020-15 
発行日 2020-07-31 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2020-15

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2020-08-07 - 2020-08-07 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2020-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 瞬時スペクトル減算法による到来方向が異なる複数雑音の抑圧 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Suppression of multiple noises with different directions of arrival using instantaneous spectrum subtraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレイ / Microphone array  
キーワード(2)(和/英) 2次元スペクトル / Two-dimensional spectrum  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural network  
キーワード(4)(和/英) 到来方向 / Direction of arrival  
キーワード(5)(和/英) 複数雑音抑圧 / Multiple noise suppression  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 幸輝 / Koki Takenaka / タケナカ コウキ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学・院 (略称: 山梨大)
Graduate School, University of Yamanashi (略称: Grad School, Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 賢司 / Kenji Ozawa / オザワ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学・院 (略称: 山梨大)
Graduate School, University of Yamanashi (略称: Grad School, Univ. of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-08-07 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2020-15 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2020-07-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会