お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-20 10:00
欧州SATORIプロジェクトにおける研究開発倫理ガイドライン開発(2) ~ 共通フレームワークとCEN標準案 ~
大谷卓史吉備国際大)・神崎宣次南山大)・久木田水生名大)・大澤博隆筑波大)・西條玲奈阪大ISEC2020-14 SITE2020-11 BioX2020-17 HWS2020-7 ICSS2020-1 EMM2020-11
抄録 (和) 本報告は、欧州連合第7次フレームワークで実施されたSATORIプロジェクトの成果の概要と、その意義を述べる。同プロジェクトは、共通標準化フレームワークとCEN標準提案書CWA17145を開発した。CWA17145は倫理アセスメントの体制・運用に関するミニマム標準を定める。これらの文書は、生命医学分野以外の倫理アセスメント体制が未整備の分野などでの倫理アセスメントの実施に参考になるほか、倫理アセスメント関係者等の教育に役立つ。また、CWA171415は国際的標準として機能する可能性がある。 
(英) This paper analyzes and summarizes the results of the European Commission’s Stakeholders Acting Together On the Ethical Impact Assessment of Research and Innovation (SATORI) project, consisting of its joint framework and CEN Workshop Agreement (CWA 17145-1, -2). CWA 17145 is a minimum standard for the structures, operation, and procedures of ethics assessments for research and innovation (R & I) governance, including ethical impact assessment and ethical principles of R & I. The documents will contribute toward establishing the structure and operation of ethics assessments of R & I plans or activities for organizations and disciplines that have not yet fully established them as well as the education and learning of ethics assessment and its related policies for stakeholders, including policy makers of R & I policies and candidates for membership in research ethics committees. In the future, CWA 17145 may function as an international standard for ethics assessment.
キーワード (和) 研究倫理 / 研究・イノベーション倫理 / 研究倫理審査 / 研究・イノベーション倫理の原則 / 倫理アセスメント / 倫理インパクトアセスメント(EIA) / SATORI(Stakeholders Acting Together On the ethical impact assessment of Research and Innovation) /  
(英) Ethics Assessment / Ethics Impact Assessment (EIA) / Research Ethics / Research and Innovation Ethics / Research Ethics Assessment / Ethical Principles of Research and Innovation Ethics / SATORI(Stakeholders Acting Together On the ethical impact assessment of Research and Innovation) /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 113, SITE2020-11, pp. 1-8, 2020年7月.
資料番号 SITE2020-11 
発行日 2020-07-13 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2020-14 SITE2020-11 BioX2020-17 HWS2020-7 ICSS2020-1 EMM2020-11

研究会情報
研究会 SITE ISEC HWS EMM BioX IPSJ-CSEC IPSJ-SPT ICSS 
開催期間 2020-07-20 - 2020-07-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2020-07-SITE-ISEC-HWS-EMM-BioX-CSEC-SPT-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 欧州SATORIプロジェクトにおける研究開発倫理ガイドライン開発(2) 
サブタイトル(和) 共通フレームワークとCEN標準案 
タイトル(英) Development of the Ethics Assessment for Research & Innovation Guidelines under the SATORI project in Europe(2) 
サブタイトル(英) The Joint Framework of Ethics Assessment and CEN Workshop Agreement 
キーワード(1)(和/英) 研究倫理 / Ethics Assessment  
キーワード(2)(和/英) 研究・イノベーション倫理 / Ethics Impact Assessment (EIA)  
キーワード(3)(和/英) 研究倫理審査 / Research Ethics  
キーワード(4)(和/英) 研究・イノベーション倫理の原則 / Research and Innovation Ethics  
キーワード(5)(和/英) 倫理アセスメント / Research Ethics Assessment  
キーワード(6)(和/英) 倫理インパクトアセスメント(EIA) / Ethical Principles of Research and Innovation Ethics  
キーワード(7)(和/英) SATORI(Stakeholders Acting Together On the ethical impact assessment of Research and Innovation) / SATORI(Stakeholders Acting Together On the ethical impact assessment of Research and Innovation)  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 卓史 / Takushi Otani / オオタニ タクシ
第1著者 所属(和/英) 吉備国際大学 (略称: 吉備国際大)
Kibi International University (略称: Kibi International Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神崎 宣次 / Nobutsugu Kanzaki / カンザキ ノブツグ
第2著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: Nanzan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久木田 水生 / Minao Kukita / クキタ ミナオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 博隆 / Hirotaka Osawa / ヒロタカ オオサワ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西條 玲奈 / Reina Saijo / サイジョウ レイナ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-20 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2020-14,IEICE-SITE2020-11,IEICE-BioX2020-17,IEICE-HWS2020-7,IEICE-ICSS2020-1,IEICE-EMM2020-11 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.112(ISEC), no.113(SITE), no.114(BioX), no.115(HWS), no.116(ICSS), no.117(EMM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2020-07-13,IEICE-SITE-2020-07-13,IEICE-BioX-2020-07-13,IEICE-HWS-2020-07-13,IEICE-ICSS-2020-07-13,IEICE-EMM-2020-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会