お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-20 13:25
クラスター分析と加重平均を用いたマルチチャネルNMF
山本剛士上ノ原進吾古家賢一大分大EA2020-2
抄録 (和) 本論文では、マルチチャネル非負値行列因子分解(MNMF)を用いた音源分離法を提案する。MNMFは反復更新アルゴリズムを用いて観測信号を音源成分ごとに分解するが、分離精度は反復更新アルゴリズムの初期値に大きく依存する。提案法では、複数の初期値で分解された行列の特徴を用いてクラスタ分析と多次元尺度構成法を行い、分離信号を加重平均する。重みには多次元尺度構成法で得られた行列間の距離を用いる。実験の結果、提案法で得られた分離信号は初期値による依存性が減り、分離精度が向上した。 
(英) Herein, we propose a sound source separation method using multi-channel non-negative matrix factorization (MNMF). MNMF uses an iterative update algorithm for decomposing observed signals into sound source components. However, the separation accuracy of MNMF considerably depends on the initial value of the iterative update algorithm. In the proposed method, cluster analysis and multidimensional scaling were conducted using the features of the matrix decomposed by multiple initial values. A plurality of separated signals was obtained using the initial values included in the largest cluster, which were weighted and averaged. The distance between the matrices obtained by the multidimensional scaling method was used as the weight. As a result of the experiment, we found that the separation signal obtained using the proposed method is less dependent on the initial value and that the separation accuracy is improved.
キーワード (和) 音源分離 / マルチチャネルNMF / クラスター分析 / 加重平均 / / / /  
(英) sound source separation / MNMF / cluster analysis / weighted average / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 118, EA2020-2, pp. 7-12, 2020年7月.
資料番号 EA2020-2 
発行日 2020-07-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2020-2

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2020-07-20 - 2020-07-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,音楽音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Musical Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2020-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラスター分析と加重平均を用いたマルチチャネルNMF 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multichannel NMF using cluster analysis and weighted average 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源分離 / sound source separation  
キーワード(2)(和/英) マルチチャネルNMF / MNMF  
キーワード(3)(和/英) クラスター分析 / cluster analysis  
キーワード(4)(和/英) 加重平均 / weighted average  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 剛士 / Tsuyoshi Yamamoto / ヤマモト ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上ノ原 進吾 / Singo Uenohara / ウエノハラ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古家 賢一 / Kenichi Furuya / フルヤ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-20 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2020-2 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2020-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会