お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-16 14:25
タイマ機構による複数ワークフロー間の工程集約方式
須藤侑一佐藤亮介尾居愛子坂田浩亮萩原宜和古川 毅NTTICM2020-11
抄録 (和) 近年,通信キャリアにおいては,ワークフローエンジン(WFE)など自動化システムを用いた業務効率化を推進している.キャリアネットワークの保守業務では,数百万もの顧客へサービスを提供するために数万から数十万の装置を管理している.そのため複数故障が同時発生した際,複数の故障対応間で相互に情報連携と工程集約(対応間連携に伴う集約)が必要な場合がある.例えば,同一ビルで複数の装置が故障している場合、運搬費用やオンサイト稼働の効率性の観点から一度の予備機配送手配に集約することがある.しかし, WFEが実行させる故障対応プロセス(WF)は独立に動作することを前提としているため, 予備機手配の集約のようなWF間での情報連携が必要となる動作を定義することが難しく, 自動化の妨げとなっている.本稿では,全WFが共通して参照するルールと,ルールそれぞれに起動するタイマを基に集約対象となるWFを決定し操作を行うことで実行中の複数のWFの工程を集約する方式を提案し,WFEにおいて保守者が実施している対応間連携に伴う集約の自動化を実現する. 
(英) In recent years, telecommunication carriers have been using automated systems such as workflow engines(WFE) to improve business efficiency. The maintenance of carrier networks manages from tens of thousands to several tens of thousands of pieces of NW equipment to serve millions of customers. Therefore, multiple faults of NW equipment may occur simultaneously, in mutual information coordination and processes aggregation between multiple failure responses (aggregation associated with coordination between responses) may be necessary. For example, if multiple pieces of NW equipment are out of order in the same building, from the point of view of transport costs and efficiency of on-site operation, the operator may aggregate spare machine delivery arrangements into one. However, it is assumed that the failure response process (WF), which is performed by the WFE, operates independently, this makes it difficult to define behaviors that require information coordination between WFs, such as the aggregation of spare equipment arrangements, which is an obstacle to automation. In this paper, we propose a method to aggregate the processes of multiple WFs by determining the WFs to be aggregated based on the rules and timers that are common to all the WFs and the timers that are activated for each rule. With this method, we achieve to automate the operator's aggregation associated with coordination between responses in the workflow engine.
キーワード (和) ワークフロー集約 / 自動化 / ワークフローエンジン / / / / /  
(英) workflow process aggregation / automation / workflow engine / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 109, ICM2020-11, pp. 19-24, 2020年7月.
資料番号 ICM2020-11 
発行日 2020-07-09 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2020-11

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2020-07-16 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2020-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) タイマ機構による複数ワークフロー間の工程集約方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Workflow Processes Aggregation across Multiple Workflows with the Timer Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワークフロー集約 / workflow process aggregation  
キーワード(2)(和/英) 自動化 / automation  
キーワード(3)(和/英) ワークフローエンジン / workflow engine  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 侑一 / Yuichi Suto / ストウ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮介 / Ryosuke Sato /
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾居 愛子 / Aiko Oi /
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 浩亮 / Kosuke Sakata /
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 宜和 / Yoshikazu Hagiwara /
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 毅 / Tsuyoshi Furukawa /
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-16 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2020-11 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2020-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会