お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-16 13:50
動画視聴ユーザを対象とした画質変化の前後における認知バイアスのモデル化
西澤夏実大歳達也村田正幸阪大CQ2020-24
抄録 (和) ネットワークを介した動画像コンテンツなどの配信サービスを提供するにあたり、ユーザの満足度向上は重要な課題である。ユーザの視点に基づいたサービス品質の最適化には、ユーザの体感品質(Quality of Experience : QoE)を考慮したネットワーク制御が有効であると考えられる。ユーザのQoEを推定するにあたり、ネットワーク品質等を用いたQoEモデルの研究が進められている。
しかし、QoEはネットワーク品質のみならず、人の感情および認知の過程で生じるバイアスによって変動するため、人の心理的効果を取り入れたQoEモデルが必要である。認知バイアスをモデル化する手法として、近年量子意思決定が注目されている。
そこで、本稿では量子意思決定を用いた認知バイアスを含むQoEモデルを提案する。そして、動画データを用いて構築したモデルによるシミュレーションを行い、量子意思決定を用いたQoEモデルによってユーザの認知バイアスとその時間変化が表現可能であることを示す。 
(英) Improving user satisfaction is an important issue in providing video content delivery services over the network. The network control that considers the quality of experience (QoE) of users is effective to optimize the service performance from the user's point of view. Studies on QoE models using network quality and other factors have been carried out to estimate the QoE of users.
However, since QoE is affected by not only network quality but also by human emotions and cognitive biases, a QoE model that includes human psychological effects is necessary. In recent years, quantum decision making has been attracting attention as a method to model cognitive biases.
In this paper, we propose a QoE model that includes cognitive biases using quantum decision-making. Then, we simulate the QoE model using video data and show that the user's cognitive bias and its temporal change can be represented by the QoE model with quantum decision making.
キーワード (和) 量子意思決定 / QoE / 動画ストリーミング / MPEG-DASH / / / /  
(英) Quantum Decision Making / QoE / Video Streaming / MPEG-DASH / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 108, CQ2020-24, pp. 13-18, 2020年7月.
資料番号 CQ2020-24 
発行日 2020-07-09 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2020-24

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2020-07-16 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) QoEとQoSの評価・計測・制御,ネットワーク制御・管理,IoT,一般 
テーマ(英) QoE and QoS Evaluation/Measurement/Control, Network Contorol/Management, IoT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2020-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動画視聴ユーザを対象とした画質変化の前後における認知バイアスのモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling of Cognitive Bias before and after Image Quality Change for Video Viewing Users 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子意思決定 / Quantum Decision Making  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 動画ストリーミング / Video Streaming  
キーワード(4)(和/英) MPEG-DASH / MPEG-DASH  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西澤 夏実 / Natsumi Nishizawa / ニシザワ ナツミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大歳 達也 / Tatsuya Otoshi / オオトシ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-16 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2020-24 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2020-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会