お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-16 14:00
[チュートリアル講演]無線ゾーン評価のための高周波数帯電波伝搬モデル
北 直樹山田 渉佐々木元晴NTTAP2020-19
抄録 (和) 「無線ゾーン」とは,電波が意味の有る電力レベルで到達する範囲のことを指しており,無線システムの回線設計やエリア設計,干渉検討を行う際に必ず評価が必要になるものである.
本稿では無線ゾーン評価のための高周波数帯伝搬モデルとして,伝搬損失の評価モデルと見通しの有無を評価するモデルに着目し,その考え方と特徴について述べる.主に3GPPやITU-R等の標準化で取り上げられている幾つかの代表的な伝搬モデルや推定法に触れながら,それらそれぞれの課題や役割についても述べていく. 
(英) The term of “Radio zone” means the range where an electromagnetic wave can arrives with detective level. The evaluation of the radio zone is necessary for a service area design of wireless system and/or an interference evaluation among wireless systems by all means.
In this report, evaluation models of path loss and visibility are focused as propagation model at high frequency band for an evaluation of radio zone. And features and ideas of those propagation models are described. Some representative propagation models and prediction methods in standardization such as 3GPP and ITU-R are introduced, and problems and roles of those models and methods are also described.
キーワード (和) 無線ゾーン / 伝搬損失 / 見通し率 / 伝搬モデル / 伝搬損失推定法 / 見通し率推定法 / /  
(英) Radio zone / Path loss / Visibility / Propagation model / Path loss prediction method / Visibility estimation method / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 97, AP2020-19, pp. 57-62, 2020年7月.
資料番号 AP2020-19 
発行日 2020-07-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2020-19

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2020-07-15 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線ゾーン評価のための高周波数帯電波伝搬モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radio Wave Propagation Model for Radiozone Design at High Frequency Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ゾーン / Radio zone  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失 / Path loss  
キーワード(3)(和/英) 見通し率 / Visibility  
キーワード(4)(和/英) 伝搬モデル / Propagation model  
キーワード(5)(和/英) 伝搬損失推定法 / Path loss prediction method  
キーワード(6)(和/英) 見通し率推定法 / Visibility estimation method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 直樹 / Naoki Kita / キタ ナオキ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 渉 / Wataru Yamada /
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 元晴 / Motoharu Sasaki /
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-16 14:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2020-19 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2020-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会