お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-10 12:00
スペクトラムデータベースを用いた無線IoT通信方式選択手法の検討
見舘空椰山崎悠大藤井威生電通大)・成枝秀介三重大SR2020-21
抄録 (和) 近年,少ない電力で長距離通信可能なLoRaWAN (Long Range Wide Area Network) が注目されている.LoRaWAN はPure ALOHA をベースにしたMAC プロトコルを採用しており,端末は任意のタイミングでパケット送信を行うことができる.しかしながら,端末数の増加に伴いパケット衝突が頻繁に発生することが課題である.一方で,短距離通信用に規格化されたBLE (Bluetooth Low Energy) は高速かつ安定した通信が可能であることから,現在様々なIoT デバイスに用いられている.そこで,本研究ではLoRaWAN とBLE の両通信システムを利用できる環境を端末が移動する状況において,動的に二つの通信システムを選択することにより,端末の増加に伴って増大するLoRaWAN システムへの負荷を分散可能なシステムを提案する.ただし,LoRaWAN とBLE のような対象アプリケーションが異なるシステム間の選択では,端末のアプリケーション要求であるQoS(Quality of Service) 項目を考慮する必要がある.よって,本稿ではスペクトラムデータベースを用いて予測されるパケット損失率や通信時の消費電流といった各システムのQoS 実現値を,端末のアプリケーション要求で重み付けすることによって,適応的にシステムの選択を行う手法について検討を行った. 
(英) In recent years, LoRaWAN (Long Range Wide Area Network) has been attracting attention because it enables long-distance commnunication with low power. LoRaWAN adopts the MAC protocol based on Pure ALOHA, and the terminal can send packets at anytime. However the problem is that packet collisions frequently occur as the number of terminals increases. On the other hand, BLE (Bluetooth Low Energy) which is standardized for short-distance communication for IoT is now widely used in various IoT devices because it enables high speed and stable communication. Therefore, we proposed a system that can reduce the traffic on the LoRaWAN system by dynamically selecting two communication systems when the terminals move in an environment where it can use both LoRaWAN and BLE communication systems. However, it is necessary to consider the QoS (Quality of Service) requirements which is the application requirements of the terminal because LoRaWAN and BLE are standardize assuming different target applications. Therefore, in this paper, We propose a method that can adaptively select a system by weighting the QoS realization value of each system such as the packet loss rate predicted using the spectrum database and the power consumption during communication with the application requirements of the terminal.
キーワード (和) IoT / スペクトラムデータベース / LoRaWAN / Bluetooth Low Energy / QoS / / /  
(英) IoT / Spectrum Database / LoRaWAN / Bluetooth Low Energy / QoS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 90, SR2020-21, pp. 71-78, 2020年7月.
資料番号 SR2020-21 
発行日 2020-07-01 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2020-21

研究会情報
研究会 SR NS SeMI RCC RCS  
開催期間 2020-07-08 - 2020-07-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習とAIを応用した通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Communication and Network Technology of the AI Age, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2020-07-SR-NS-SeMI-RCC-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトラムデータベースを用いた無線IoT通信方式選択手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Wireless System Selection with Spectrum Database for IoT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) スペクトラムデータベース / Spectrum Database  
キーワード(3)(和/英) LoRaWAN / LoRaWAN  
キーワード(4)(和/英) Bluetooth Low Energy / Bluetooth Low Energy  
キーワード(5)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 見舘 空椰 / Soraya Mitate / ミタテ ソラヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 悠大 / Yudai Yamazaki / ヤマザキ ユウダイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
he University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
he University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 成枝 秀介 / Shusuke Narieda / ナリエダ シュウスケ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-10 12:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2020-21 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.71-78 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2020-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会