お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-10 11:35
実観測型スペクトラムデータベースのためのシャドウイング分類に関する実験的検証
片桐啓太電通大)・佐藤光哉東京理科大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大SR2020-20
抄録 (和) 電波マップおよび伝搬モデルを組み合わせたハイブリッド伝搬推定手法として,筆者らはシャドウイング分類器の構築およびその精度評価を進めてきた.本分類器により,従来の電波マップとほぼ同等の精度を維持しつつ,蓄積データ量を削減できることを確認した.しかし,先行研究では特定の都市環境における実測データのみを用いて分類器の精度を評価しているため,伝搬環境に応じた適切なクラスタリング手法の選定については未だ検討していない.そこで本稿では,2種類の実測データおよび既存のクラスタリング手法を用いてシャドウイング成分の分類精度を評価した.エミュレーション結果より,メッシュ統計値の外れ値の有無に応じて,適切なクラスタリング手法を選択する必要がある事を示す. 
(英) As a hybrid estimation method of the radio environment, we have proposed a shadowing classifier. In the shadowing classifier, the database server creates $K$ shadowing models based on the measurement datasets. By using the shadowing classifier, the registered data size can be reduced while the high estimation accuracy can be kept. However, in the previous work, we have only evaluated the accuracy of the classification using the datasets on an urban environment. Therefore, in this paper, we evaluate the accuracy of the shadowing classification using two kinds of datasets. The emulation results show that it is necessary to appropriately choose the clustering method according to the presence or absence of outliers.
キーワード (和) 電波マップ / 分類 / 電波伝搬 / シャドウイング / / / /  
(英) Radio Map / Classification / Radio Propagation / Shadowing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 90, SR2020-20, pp. 63-70, 2020年7月.
資料番号 SR2020-20 
発行日 2020-07-01 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2020-20

研究会情報
研究会 SR NS SeMI RCC RCS  
開催期間 2020-07-08 - 2020-07-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習とAIを応用した通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Communication and Network Technology of the AI Age, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2020-07-SR-NS-SeMI-RCC-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実観測型スペクトラムデータベースのためのシャドウイング分類に関する実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Verification of Shadowing Classification for Measurement-based Spectrum Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波マップ / Radio Map  
キーワード(2)(和/英) 分類 / Classification  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(4)(和/英) シャドウイング / Shadowing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片桐 啓太 / Keita Katagiri / カタギリ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 光哉 / Koya Sato / サトウ コウヤ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲毛 契 / Kei Inage / イナゲ ケイ
第3著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-10 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2020-20 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.63-70 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2020-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会