お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-08 11:15
最適なフレーム集約数に基づく802.11 WLANスループットの最大化
鈴木康介山崎悟史沼津高専RCS2020-61
抄録 (和) IEEE 802.11n以降の無線LAN (WLAN) では,スループット改善を目的としてMAC層において2段階のフレーム集約 (Frame Aggregation, FA) が導入されている.その際,各種フレームサイズなどIEEE 802.11規格で定められたパラメータ値の下で,Aggregate MAC Service Data Unit (A-MSDU) と Aggregate MAC Protocol Data Unit (A-MPDU) のサブフレーム数を適切に設定することが重要となる.802.11nを対象に理論スループットを最大化するようにサブフレーム数の組を決定する従来手法は,良好なスループット性能を達成しているものの,802.11acなどA-MPDUサイズの上限値が非常に大きい規格では最大スループットが得られない.本稿では,A-MPDUを含む送信フレーム全体のビット誤りを考慮したスループット理論式を導出し,802.11acにおける規格下で理論スループットを最大化する,最適なサブフレーム数の組を全探索により求める手法を提案する.理論解析と計算機シミュレーションより提案手法の妥当性を示すとともに,従来手法と比べて提案手法は計算量増加を伴うものの,スループットが大幅に改善されることを示す. 
(英) In wireless LAN (WLAN) after IEEE 802.11n, two-level frame aggregation (FA) is introduced in the MAC (media access control) layer to improve throughput performance.
So, it is important to set the number of Aggregate MAC Service Data Unit (A-MSDU) and Aggregate MAC Protocol Data Unit (A-MPDU) sub-frames properly under the parameter values defined by the IEEE 802.11 standard such as transmission frame sizes.
Though the conventional scheme, which determines the number of sub-frames to maximize the theoretical throughput for 802.11n, could achieve good throughput performance, maximum throughput cannot be obtained with standards such as 802.11ac, which have a very large upper limit of A-MPDU size.
In this technical report, we derive theoretical throughput expression with consideration of the bit error of the whole transmission frame including A-MPDU, and propose a scheme to obtain the optimal set of sub-frames based on a full search that maximizes the theoretical throughput under the 802.11ac standard.
The validity of the proposed scheme is shown using theoretical analysis and computer simulations.
Although the proposed scheme has the amount of calculation increases, the throughput performance using the proposed scheme can be significantly improved as compared with the conventional scheme.
キーワード (和) IEEE 802.11ac / フレームアグリゲーション / A-MSDU / A-MPDU / スループット / / /  
(英) IEEE 802.11ac / Frame aggregation / A-MSDU / A-MPDU / Throughput / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 89, RCS2020-61, pp. 19-24, 2020年7月.
資料番号 RCS2020-61 
発行日 2020-07-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-61

研究会情報
研究会 SR NS SeMI RCC RCS  
開催期間 2020-07-08 - 2020-07-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習とAIを応用した通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Communication and Network Technology of the AI Age, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-07-SR-NS-SeMI-RCC-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最適なフレーム集約数に基づく802.11 WLANスループットの最大化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Maximization Based on Optimized Frame-Aggregation Levels for IEEE 802.11 WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11ac / IEEE 802.11ac  
キーワード(2)(和/英) フレームアグリゲーション / Frame aggregation  
キーワード(3)(和/英) A-MSDU / A-MSDU  
キーワード(4)(和/英) A-MPDU / A-MPDU  
キーワード(5)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康介 / Kosuke Suzuki / スズキ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 沼津工業高等専門学校 (略称: 沼津高専)
National Institute of Technology, Numazu College (略称: NIT, Numazu College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 悟史 / Satoshi Yamazaki / ヤマザキ サトシ
第2著者 所属(和/英) 沼津工業高等専門学校 (略称: 沼津高専)
National Institute of Technology, Numazu College (略称: NIT, Numazu College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-08 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-61 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2020-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会