お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-03 13:55
階段状磁場形成非接触給電のしくみと受電特性の実証(その2) ~ 3方式による3段磁場形成のしくみと等価結合係数分布の比較考察 ~
安倍秀明 WPT2020-17
抄録 (和) 非接触給電の研究が多様な視点で盛んに行われている.磁気結合給電ではコイル間の磁束の交鎖による電磁誘導作用に基づく誘起電圧を利用する.受電コイル端子の誘起電圧は送電コイルの発生磁束に比例する.一般に,磁束を発生させる送電コイル面上の磁場は均一性が望まれる.一方,筆者は磁場が階段状あるいは連続的に異なる不均一磁場利用の新たな利用シーンを想定した.不均一磁場形成に関する利用や形成のしくみの研究報告例は見当たらない.そこで筆者は既に,いくつかの数値管理できるパラメータを設定し,複数のコイルで一つの送電コイルを形成し,1つの高周波インバータで励磁することで,負荷電圧が送電面上の各位置で大きく異なる所望の階段状の磁束分布形成を試みた.その結果,受電コイル位置で明確に異なる負荷電圧特性を確認した.負荷電圧特性は,送受電コイル間の等価結合係数特性に比例することを実証し,解析により各パラメータの数値の関わりが明らかになり,所望の不均一磁場形成の有用な知見を得ている.今回,不均一磁場形成の方法や設計の自由度拡大を図るために,上記の方法による階段状磁場と同じ特性を狙い新たな2つの方法を試みた,その結果,3方式共に良好に一致した等価結合係数特性を確認し不均一磁場設計の有用な知見が積み上げられたので本稿にて報告する. 
(英) In the magnetic coupling, the induced voltage based on the electromagnetic induction action by the interchanging of the magnetic flux between the coils is utilized. Generally, with free layout supply to arbitrary equipment and moving objects, uniformity of the magnetic field of the primary coil that generates magnetic flux is desired. On the other hand, author have studied this possibility by thinking that stepped magnetic field formation is effective for a new usage. Papers that researched nonuniformity magnetic field with respect to utility or mechanism are not found. The author has already tried to form a stairs like magnetic flux distribution by forming a single power transmission coil with multiple coils with parameters that can be numerically controlled. As a result, clearly different load voltage characteristics were confirmed depending on the position of the receiving coil. The load voltage characteristics have been demonstrated to be proportional to the equivalent coupling factor characteristics between the power transmitting and receiving coils, and the relationship between the numerical values of the parameters has been clarified by analysis, and useful knowledge of the formation of the desired inhomogeneous magnetic field has been obtained. This time, author tried two new methods aiming at the same characteristics as the stairs like magnetic field by the first method in order to increase the degree of freedom in designing the method of forming a nonuniformity magnetic field. As a result, equivalent coupling factor characteristics is confirmed in good agreement in all three methods, and accumulated useful knowledge of inhomogeneous magnetic field design.
キーワード (和) 非接触給電 / 磁気結合給電 / 階段状磁場 / 不均一磁場 / 等価結合係数 / / /  
(英) Wireless Power Transfer / Magnetic Coupled Feeding / Stairs-Like Magnetic Field / Nonuniformity Magnetic Field / Equivalent Coupling Factor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 85, WPT2020-17, pp. 13-18, 2020年7月.
資料番号 WPT2020-17 
発行日 2020-06-26 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2020-17

研究会情報
研究会 EMCJ EMD WPT  
開催期間 2020-07-03 - 2020-07-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線電力伝送技術,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2020-07-EMCJ-EMD-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階段状磁場形成非接触給電のしくみと受電特性の実証(その2) 
サブタイトル(和) 3方式による3段磁場形成のしくみと等価結合係数分布の比較考察 
タイトル(英) Mechanism of Wireless Power Transfer Forming the Stair-Like Magnetic Field and Demonstration of Receiving Characteristics (Part 2) 
サブタイトル(英) Mechanism of 3 Stage Magnetic Field Formation by 3 Methods and Comparative Consideration of Equivalent Coupling Factor Distribution 
キーワード(1)(和/英) 非接触給電 / Wireless Power Transfer  
キーワード(2)(和/英) 磁気結合給電 / Magnetic Coupled Feeding  
キーワード(3)(和/英) 階段状磁場 / Stairs-Like Magnetic Field  
キーワード(4)(和/英) 不均一磁場 / Nonuniformity Magnetic Field  
キーワード(5)(和/英) 等価結合係数 / Equivalent Coupling Factor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安倍 秀明 / Hideaki Abe / アベ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-03 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2020-17 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2020-06-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会