お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-02 14:15
アレーアンテナ理論を応用した電波散乱壁の設計 ~ メタマテリアルによる薄型化 ~
村上靖宜チャカロタイ ジェドヴィスノプ藤井勝巳NICTEMCJ2020-13
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)では,28 GHz帯の電波を利用する.この周波数帯では,高利得アンテナが使用され,壁面からの電磁波は主に鏡面方向に反射する.そのため,送受信アンテナ間に遮蔽物がある場合は,受信機に直接波も反射波も届かない領域が生じると考えられる.そこで通信品質を改善させるため,反射波を広角に散乱させる電波散乱壁を設計してきた.本報告では,メタマテリアルによる電波散乱壁の薄型化を行う.さらに,メタマテリアルの設計および電波散乱壁の散乱パターンは,それぞれ等価回路理論およびアレーアンテナ理論を使用して高速に設計できることを示す. 
(英) 5G wireless communications use electromagnetic (EM) waves in 28 GHz band. High-directivity(gain) antennas are actually used in this frequency band and EM waves radiated from the antennas are hence reflected in a specular direction by room walls. If there are obstructions in between the transmitting and receiving antennas inside the room, wireless communication quality will be deteriorated since neither direct wave nor reflected wave reaches the receiver. We have been proposed an EM scattering wall realizing the wide scattering pattern for improvement of wireless communication quality. In this paper, a metamaterial (MTM) is used to make EM scattering wall thin. The design of the MTM and the pattern of EM scattering wall are calculated using an equivalent circuit and array antenna theory, respectively.
キーワード (和) アレーアンテナ理論 / 電波散乱壁 / 第5世代移動通信システム / メタマテリアル / / / /  
(英) Array antenna theory / Electronic scattering wall / 5G wireless communications / Metamaterial / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 83, EMCJ2020-13, pp. 13-17, 2020年7月.
資料番号 EMCJ2020-13 
発行日 2020-06-25 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-13

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2020-07-02 - 2020-07-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手研究者発表会 
テーマ(英) Young Scientist Meeting 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2020-07-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレーアンテナ理論を応用した電波散乱壁の設計 
サブタイトル(和) メタマテリアルによる薄型化 
タイトル(英) Design of an electromagnetic scattering wall applying array antenna theory 
サブタイトル(英) Reduction of the thickness with metamaterial structures 
キーワード(1)(和/英) アレーアンテナ理論 / Array antenna theory  
キーワード(2)(和/英) 電波散乱壁 / Electronic scattering wall  
キーワード(3)(和/英) 第5世代移動通信システム / 5G wireless communications  
キーワード(4)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 靖宜 / Yasutaka Murakami / ムラカミ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドヴィスノプ / Jerdvisanop Chakarothai / チャカロタイ ジェドヴィスノプ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 勝巳 / Katsumi Fujii / フジイ カツミ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-02 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-13 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.83 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2020-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会