お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-02 10:55
高い拡張性を備えたSaaS型コードクローン分析システムの提案
松島一樹井上克郎阪大SS2020-1
抄録 (和) 効率的なコードクローンの分析の支援を目的としたツールに関する研究が数多く行われている.しかし,既存のツールは特定のコードクローン検出ツールにのみ対応していたり, 外部サービスとの連携が困難であったりするなど,いくつかの問題を抱えている.これらの問題を解決するため,本研究ではSaaS型コードクローン分析システムを提案する.これはユーザにWEBクライアントを提供し,サーバ上でコードクローンの検出を行うものである.バックエンドには既存の検出ツールを使用するが,検出ツール側にシステムとデータの伝達を行う数個の処理を実装するだけで任意のツールを追加することができる.また,コードクローン分析や検出結果に関するREST APIを公開しており,外部サービスと容易に連携可能である.OSSに対し提案システムを用いてコードクローンを検出・分析し,提案システムがより正確な分析を可能にすることを確認した. 
(英) Many studies on tools for efficient code clone analysis have been conducted in the past. However, thesetools have some issues such that they support only a few kinds of code clone detectors or they are less compatiblewith external services. To address them, we propose a SaaS-based code clone analysis environment in this paper.This offers a WEB client and detects code clones in a project on the server side. Existing code clone detectors areused as the back-end of this system and any code clone detectors can be used if just a few functions for communicat-ing to the system are implemented. Furthermore, it also exposes REST APIs for code clone analysis and detectionresults so that external services can cooperate with it easily. By identifying and analyzing code clones of an OSSusing our proposed system, we confirmed that it enables more accurate code clone analysis.
キーワード (和) コードクローン / SaaS / ソフトウェア保守 / / / / /  
(英) Code Clone / SaaS / Software Maintenance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 82, SS2020-1, pp. 1-6, 2020年7月.
資料番号 SS2020-1 
発行日 2020-06-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード SS2020-1

研究会情報
研究会 SS IPSJ-SE  
開催期間 2020-07-02 - 2020-07-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ソフトウェア工学全般/ソフトウェアサイエンス全般 
テーマ(英) Software Engineering, Software Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2020-07-SS-SE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高い拡張性を備えたSaaS型コードクローン分析システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal for a SaaS-based Code Clone Analysis Environmentwith an Extensible Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コードクローン / Code Clone  
キーワード(2)(和/英) SaaS / SaaS  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア保守 / Software Maintenance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 一樹 / Kazuki Matsushima / マツシマ カズキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 克郎 / Katsuro Inoue / イノウエ カツロウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-07-02 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2020-1 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.82 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2020-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会