お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-29 11:15
モバイル・ニューロン(1) ~ パブロフはなぜ犬の大脳皮質をくり返し切除したのか ~
得丸久文著述業NC2020-1 IBISML2020-1
抄録 (和) 情報処理の世界でニューラルネットワークと呼ばれる計算モデルは,生物の神経組織と大きく乖離す る.それは大脳皮質上で神経細胞がシナプス接続することを前提としているからだろう.パブロフは犬の大脳皮質 を切除する実験をくり返し,切除後に条件反射の回復を確認した.学際的な研究成果を統合するデジタル言語学は,専門分野の境界を乗り越えた学際的な新しい知能の発展の可能性を提案する. 
(英) Neural Network Computation Model in information processing is quite different from biological organism of living creature. Probably it hypothesizes that neurons construct synaptic connections on the neocortex. Pavlov repeatedly removed the neocortex of dogs to confirm recovery of conditioned reflex. Digital Linguistics is an interdisciplinary study and proposes a new development of intelligence crossing boundaries of specialized field.
キーワード (和) デジタル言語学 / 条件反射 / OSI参照モデル / シナプス接続 / 大脳皮質 / 免疫ネットワーク / クラシーズ河口洞窟 / ホモサピエンス  
(英) Digital Linguistics / Conditioned Reflex / OSI Reference Model / Synaptic Connection / Neocortex / Immune Network / Klasies River Mouth Caves / Homo Sapiens  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 79, NC2020-1, pp. 1-6, 2020年6月.
資料番号 NC2020-1 
発行日 2020-06-22 (NC, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2020-1 IBISML2020-1

研究会情報
研究会 NC IBISML IPSJ-BIO IPSJ-MPS  
開催期間 2020-06-29 - 2020-06-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2020-06-NC-IBISML-BIO-MPS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル・ニューロン(1) 
サブタイトル(和) パブロフはなぜ犬の大脳皮質をくり返し切除したのか 
タイトル(英) Mobile Neuron (1) 
サブタイトル(英) Why Dr. Pavlov Repeatedly Removed the Neocortex of Dogs? 
キーワード(1)(和/英) デジタル言語学 / Digital Linguistics  
キーワード(2)(和/英) 条件反射 / Conditioned Reflex  
キーワード(3)(和/英) OSI参照モデル / OSI Reference Model  
キーワード(4)(和/英) シナプス接続 / Synaptic Connection  
キーワード(5)(和/英) 大脳皮質 / Neocortex  
キーワード(6)(和/英) 免疫ネットワーク / Immune Network  
キーワード(7)(和/英) クラシーズ河口洞窟 / Klasies River Mouth Caves  
キーワード(8)(和/英) ホモサピエンス / Homo Sapiens  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-06-29 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2020-1,IEICE-IBISML2020-1 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.79(NC), no.80(IBISML) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2020-06-22,IEICE-IBISML-2020-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会