お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-25 10:25
リニアアレーアンテナを用いたミリ波V2N通信における素子数可変による信頼性向上手法の検討
加藤 諒奥村 守岡本英二名工大RCS2020-32
抄録 (和) 近年注目を集めている高度運転支援システムでは,多くのユーザを収容できるように広帯域を確保可能な5Gのミリ波周波数帯の使用が検討されている.しかし,高周波数帯における伝搬損は大きく遠距離の通信には適していない.そこで,高信頼な通信を達成するために基地局だけでなく,車両側においてもアレーアンテナを用いたビームフォーミング技術を適用することが実験などにより検討されている.アレーアンテナは素子数を増やすほど遠距離の通信が可能となるが,ビーム幅が狭くなり,車両の方向転換によりビーム放射方向がずれると通信品質が大きく劣化するという課題を持つ.そこで本稿では,アレーアンテナの素子数を可変,つまりビーム幅を可変にする手法を提案し,計算機シミュレーションを用いてアンテナゲインとblock error rateを算出・評価することで提案方式が良好な追従性能と高品質通信を両立していることを示す. 
(英) Advanced driver assistance systems (ADAS) have been attracting attention in recent years. To accommodate many users and broadband applications in ADAS, the use of millimeter-wave band that has a wide bandwidth has been considered in the fifth generation mobile communications system (5G). However, the propagation loss is significantly large in the millimeter-wave band, and the transmission performance deteriorates in a long distance communication. Thus, to realize a reliable ADAS communication in 5G millimeter-wave band, the application of beamforming technologies using array antennas not only for base station but also for vehicles is considered, and some experiments have been conducted. The antenna gain of array antennas can be increased by increasing the number of antenna elements, but at the same time, the beamwidth becomes narrow. Then, the antenna gain rapidly decreases when the main beam slightly turns away from target direction due to vehicle rotation, resulting in the degradation of transmission quality. To tackle this problem, in this paper, we propose an adaptive switching scheme of number of antenna elements to realize an adaptative beamwidth that balances the antenna gain and beamwidth. We will show that the proposed scheme can realize both the high quality transmission and good tracking performance by calculating the antenna gain and block error rate performances in a numerical simulation or road moving scenario.
キーワード (和) 高度運転支援システム / 5G / ビームフォーミング / 上りリンク / ミリ波 / V2N通信 / /  
(英) advanced driver assistance systems / 5G / beamforming / uplink / millimeter-wave / V2N communication / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 74, RCS2020-32, pp. 55-60, 2020年6月.
資料番号 RCS2020-32 
発行日 2020-06-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-32

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2020-06-24 - 2020-06-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リニアアレーアンテナを用いたミリ波V2N通信における素子数可変による信頼性向上手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Adaptive Switching of Variable Linear Array Antenna Elements for Reliable Millimeter-Wave V2N Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高度運転支援システム / advanced driver assistance systems  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) ビームフォーミング / beamforming  
キーワード(4)(和/英) 上りリンク / uplink  
キーワード(5)(和/英) ミリ波 / millimeter-wave  
キーワード(6)(和/英) V2N通信 / V2N communication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 諒 / Ryo Kato / カトウ リョウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 守 / Mamoru Okumura / オクムラ マモル
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-06-25 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-32 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2020-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会