お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-24 00:00
過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた低計算量信念伝搬信号検出アルゴリズム
今村 崇眞田幸俊慶大RCS2020-57
抄録 (和) 本研究では過負荷Multiple Input Multiple Output (MIMO)の復号方式として,Minimum Mean Square Error (MMSE)アルゴリズムを適用した信念伝搬法(Belief Propagation:BP)を提案した.従来の過負荷MIMOをBPで復調すると,ファクターグラフ上のループが特性の劣化要因となる.そこで提案方式ではMMSEアルゴリズムを適用してループを削減したのちBPを適用した.さらに提案方式ではMMSEアルゴリズムでの残余干渉を最小化するため,MMSEウェイト行列の条件数が最小となるようにMMSE等化の対象を選択した.計算機シミュレーションの結果,提案方式のビット誤り率(Bit Error Rate:BER)特性はMMSEアルゴリズムを適用していないBPのBER特性に比べて優れていることが示されている.提案方式は従来のBPに比べて$rm{BER}=5.0times{10^{-3}}$において4.6-5.0dB特性を改善した.また,MMSEアルゴリズムによりBPにおける乗算回数を1/896に削減した. 
(英) In this paper, the application of minimum mean square error (MMSE) pre-cancellation prior to belief propagation (BP) is proposed as a detection scheme for overloaded multiple-input multiple-output (MIMO). In overloaded MIMO, the loops in a factor graph deteriorate the demodulation performance with BP. Therefore, the proposed scheme applies the MMSE pre-cancellation prior to BP and reduces the number of the loops. Furthermore, it is applied to the selected transmit and receive nodes so that the condition number of an inverse matrix in the MMSE weight matrix is minimized in order to suppress the residual interference and the noise after the MMSE pre-cancellation. It is shown by numerical results obtained through computer simulation that the proposed scheme achieves better bit error rate (BER) performance than BP without the MMSE pre-cancellation. The proposed scheme improves the BER performance by 4.6-5.0 dB at a BER of $5.0times{10^{-3}}$ as compared with conventional BP. Numerical results also shows that the MMSE pre-cancellation reduces the complexity in BP by a factor of $1/896$ in terms of the number of multiplication operations.
キーワード (和) BP / MMSE / 過負荷MIMO / / / / /  
(英) BP / MMSE / overloaded MIMO detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 74, RCS2020-57, pp. 205-210, 2020年6月.
資料番号 RCS2020-57 
発行日 2020-06-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-57

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2020-06-24 - 2020-06-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた低計算量信念伝搬信号検出アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Complexity Signal Detection based on Belief Propagation with MMSE Pre-cancellation for Overloaded MIMO systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BP / BP  
キーワード(2)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(3)(和/英) 過負荷MIMO / overloaded MIMO detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 崇 / Takashi Imamura / イマムラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-06-24 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-57 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.205-210 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2020-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会