お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-18 13:35
最大非対称関数の特徴分析とその生成について
金羽木洋志永山 忍稲木雅人若林真一広島市大CAS2020-7 VLD2020-7 SIP2020-23 MSS2020-7
抄録 (和) 最大非対称関数とは,対称関数との関数値ベクトルにおけるハミング距離によって定義される「非対称さ」が最大となる離散関数である.対称関数に関する研究は多数報告されているが,最大非対称関数に関する研究はほとんど報告されていない.最大非対称関数は,関数値ベクトルの不規則さから,それを利用した多重接続通信や暗号生成などへの応用が期待されているが,関数の生成法どころか特徴すらも十分に解明されていない.そこで,本稿では,最大非対称関数の特徴を示し,その特徴に基づいた最大非対称関数の判定法および自動生成法を提案する. 
(英) Maximally asymmetric functions are discrete functions such that "asymmetry" defined by the minimum Hamming distance from symmetric functions is maximum. While many studies on symmetric functions have been reported, few studies on maximally asymmetric functions have been reported. It is said that maximally asymmetric functions can be promising for applications such as CDMA communication and encryption, due to randomness of their function value vectors. However, generation methods of maximally asymmetric functions or even their characteristics are not well known. This paper shows characteristics of maximally asymmetric functions, and presents a decision method and an automatic generation method of maximally asymmetric functions based on the characteristics.
キーワード (和) 最大非対称関数 / 離散関数 / 特徴分析 / ベンチマーク自動生成 / / / /  
(英) maximally asymmetric functions / discrete functions / characteristic analyses / automatic generation of benchmarks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 66, VLD2020-7, pp. 35-40, 2020年6月.
資料番号 VLD2020-7 
発行日 2020-06-11 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2020-7 VLD2020-7 SIP2020-23 MSS2020-7

研究会情報
研究会 MSS CAS SIP VLD  
開催期間 2020-06-18 - 2020-06-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2020-06-MSS-CAS-SIP-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大非対称関数の特徴分析とその生成について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristic Analyses and Generation of Maximally Asymmetric Functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最大非対称関数 / maximally asymmetric functions  
キーワード(2)(和/英) 離散関数 / discrete functions  
キーワード(3)(和/英) 特徴分析 / characteristic analyses  
キーワード(4)(和/英) ベンチマーク自動生成 / automatic generation of benchmarks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金羽木 洋志 / Hiroshi Kanehagi / カネハギ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-06-18 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2020-7,IEICE-VLD2020-7,IEICE-SIP2020-23,IEICE-MSS2020-7 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.65(CAS), no.66(VLD), no.67(SIP), no.68(MSS) 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2020-06-11,IEICE-VLD-2020-06-11,IEICE-SIP-2020-06-11,IEICE-MSS-2020-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会