お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-29 10:00
知能の情報理論 ~ 言語情報の前方誤り訂正 ~
得丸久文著述業RECONF2020-11
抄録 (和) ヒトの知能はどのように形成されるか,その生物学的基礎は何かについてはまだ学説も仮説も存在しない.デジタル言語学は知能の情報理論であり,知能構築は不随意で,脊髄反射を司る脳室内免疫細胞ネットワークが担うと仮説する.思考回路は脳脊髄液中を浮遊するモバイル神経細胞(B リンパ球)であり,神経芽細胞が言葉
の音韻波形に対する抗体分子をともなって成熟した後に,五官の記憶や言葉の記憶とネットワークすることで機能しはじめる.複雑な概念を正しく獲得するためには通信路誤りと情報源誤りを正す前方誤り訂正が必要であり,それには伝達のたびに基礎から学びなおす再生型の知識獲得がふさわしい. 
(英) There has been not a single theory or hypothesis on the intelligence build-up of human, and on its biological basis. Digital Linguistics hypothesizes is the information theory of intelligence, and it hypothesizes that intelligence build-up is inside the ventricle system immune cell networks, a mechanism for spinal sign reflex. It proposes that thought circuits are
mobile neurons (=B lymphocytes) floating inside the cerebrospinal fluid, that a neuroblast cell matures with antibody molecule corresponding to microphysical shape of word sign sound waveform, and that, through necessary and sufficient networking with sensory memories and other word memories, it functions as thought circuit. It seems necessary to implement Forward Error Correction (FEC) which correct Channel Coding and Source Coding Errors to correctly acquire complex concepts. Regenerative knowledge acquisition should be necessary and appropriate at each knowledge transfer.
キーワード (和) 脳室内免疫細胞ネットワーク / 脊髄記号反射 / 前方誤り訂正 / 熱力学的エントロピー / 二分法と二元論 / 再生型知識獲得 / 情報理論 / オートマトン  
(英) Inside Ventricle System Immune Cell Networks / Spinal Sign Reflex / Forward Error Correction / Thermodynamic Entropy / Dichotomy and Dualism / Regenerative Knowledge Acquisition / Information Theory / Automaton  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 36, RECONF2020-11, pp. 59-64, 2020年5月.
資料番号 RECONF2020-11 
発行日 2020-05-21 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2020-11

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Reconfigurable system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2020-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知能の情報理論 
サブタイトル(和) 言語情報の前方誤り訂正 
タイトル(英) The Information Theory of Intelligence 
サブタイトル(英) Forward Error Correction of Linguistic Information 
キーワード(1)(和/英) 脳室内免疫細胞ネットワーク / Inside Ventricle System Immune Cell Networks  
キーワード(2)(和/英) 脊髄記号反射 / Spinal Sign Reflex  
キーワード(3)(和/英) 前方誤り訂正 / Forward Error Correction  
キーワード(4)(和/英) 熱力学的エントロピー / Thermodynamic Entropy  
キーワード(5)(和/英) 二分法と二元論 / Dichotomy and Dualism  
キーワード(6)(和/英) 再生型知識獲得 / Regenerative Knowledge Acquisition  
キーワード(7)(和/英) 情報理論 / Information Theory  
キーワード(8)(和/英) オートマトン / Automaton  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-29 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2020-11 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2020-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会