お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-29 11:45
汚染されたガウス分布の平均値パラメータのMDL推定について
宮本耕平竹内純一九大IT2020-10 EMM2020-10
抄録 (和) 二段階符号の総記述長を最小化することによって定義されるMDL 推定量の性能について,二段階符号の冗長度が小さいほど小さいリスク上界が得られることが知られている.
真の分布が属するモデルが指数型分布族である場合には最適に近い冗長度をもつ二段階符号を構成する方法が知られていたが,そうでない場合には一定の仮定に基いた符号の改良が必要である.
本稿では非指数型分布族の一例としてHuber の汚染モデルの特殊な場合について検討する. 
(英) The MDL estimator is defined by the minimizer of total code length of a two part code.
The smaller the redundancy of the two part code which defines the MDL estimator is, the smaller upper bound of the risk of the MDL estimator is obtained.
When the true density belongs to an known exponential family, a way of construction of a two part code with small redundancy is known.
However, for non-exponential families, we need to improve the two part code under some assumptions.
In this paper, we discuss this problem for Huber’s contamination models, which are an example of non-exponential families.
キーワード (和) MDL原理 / MDL推定量 / 汚染モデル / / / / /  
(英) MDL principle / MDL estimator / contamination model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 43, IT2020-10, pp. 55-60, 2020年5月.
資料番号 IT2020-10 
発行日 2020-05-21 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-10 EMM2020-10

研究会情報
研究会 IT EMM  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2020-05-IT-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 汚染されたガウス分布の平均値パラメータのMDL推定について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On MDL Estimation for Location Parameters of Contaminated Gaussian Distributions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MDL原理 / MDL principle  
キーワード(2)(和/英) MDL推定量 / MDL estimator  
キーワード(3)(和/英) 汚染モデル / contamination model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 耕平 / Kohei Miyamoto / ミヤモト コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Jun'ichi Takeuchi / タケウチ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-29 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2020-10,IEICE-EMM2020-10 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.43(IT), no.42(EMM) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-05-21,IEICE-EMM-2020-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会