お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-29 09:30
3入力関数を計算するための分散符号化法の達成可能領域に関する一検討
上木成樹葛岡成晃和歌山大IT2020-6 EMM2020-6
抄録 (和) 本論文では,複数の情報源から出力されるデータに対して関数計算を行うシステムにおける分散データ圧縮問題を考察している.特に,3つの情報源に対する関数計算を行うシステムで,1つの情報源出力が補助情報として復号器に与えられる場合について考察している.その結果,達成可能な符号化率領域がSlepian-Wolf領域(すなわち,情報源からの出力を完全に復元する場合の領域)と一致する十分条件を与えている.そのために,AhlswedeとCsisz'arによって導入された関数のセンシティブ性,および,KuzuokaとWatanabeによって導入された情報源のスムース性の概念を拡張している.また,本論文で得られた結果が,情報源が2つの場合における既存研究の結果を特殊なケースとして含むことを明らかにしている. 
(英) In this paper,a problem of distributed data compression for computing functions of outputs from correlated sources is studied.In particular,the system of computing three-input functions where one of three outputs is available at the decoder as full-side information is investigated.Our result shows a sufficient condition that the achievable rate region of distributed coding coincides with the Slepian-Wolf region (the rate region for reproducing the entire outputs).To do this, the concept of the sensitivity of functions introduced by Ahlswede and Csisz'ar and the smoothness of sources introduced by Kuzuoka and Watanabe are extended.Further,it is shown that our result includes the existing result on two-input functions as a special case.
キーワード (和) 分散計算 / データ圧縮 / 多端子情報源符号化 / 達成可能レート領域 / / / /  
(英) distributed computing / data compressing / multiterminal source coding / achievable rate region / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 43, IT2020-6, pp. 31-36, 2020年5月.
資料番号 IT2020-6 
発行日 2020-05-21 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-6 EMM2020-6

研究会情報
研究会 IT EMM  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2020-05-IT-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3入力関数を計算するための分散符号化法の達成可能領域に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Achievable Region of Distributed Coding for Computing Three-Input Functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散計算 / distributed computing  
キーワード(2)(和/英) データ圧縮 / data compressing  
キーワード(3)(和/英) 多端子情報源符号化 / multiterminal source coding  
キーワード(4)(和/英) 達成可能レート領域 / achievable rate region  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上木 成樹 / Naruki Joki / ジョウキ ナルキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛岡 成晃 / Shigeaki Kuzuoka / クズオカ シゲアキ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-29 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2020-6,IEICE-EMM2020-6 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.43(IT), no.42(EMM) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-05-21,IEICE-EMM-2020-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会