お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-28 16:15
英語多読学習における高次元流暢性獲得のための準自律学習
小野里好邦放送大)・ベアリー キース琉球大)・野口正一仙台応用情報学研究振興財団ICTSSL2020-3
抄録 (和) 英語が得意でない人でも英語に興味があれば、英語が自由に使えるようになる学び方として多読が提案されている。多読を成功させるための条件は、自主的な学習者に育て、自律的に学習を続ける。そして、書かれている内容にのみ焦点をあて、何を言おうとしているのかその意味を把握し、無我の境地で習得することである。
本研究では、多読において、多読本を指南書として、英語力を身につけていく様子を、数値化して解析する。その手法は、放送大学群馬学習センターで開講されたキース多読英語ゼミの事例研究である。準自律学習における効率的学習法の特徴について考察し、各個人に対し自然な形での読書法における高次元の流暢性(Fluency)獲得過程について記述する。 
(英) Learners of a foreign language who practice Extensive Reading (ER) will show various patterns in learning behavior. In this paper we investigate reading logs which track progress of ER readers and their behavioral patterns. Learners keep records of books read in English including titles, number of books, running word counts and their impressions. Through quantitative and qualitative analyses, we draw conclusions about the intrinsic behavior patterns in their reading. Learners illustrates essential features of learning behavior to reach higher level of reading fluency.
キーワード (和) 多読 / 準自律学習 / 性能評価 / 高次元流暢性 / / / /  
(英) Extensive Reading / Semi-autonomous Learning / Performance Evaluation / Higher Level of Fluency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 41, ICTSSL2020-3, pp. 13-18, 2020年5月.
資料番号 ICTSSL2020-3 
発行日 2020-05-21 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2020-3

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) 新潟メディアシップ 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2020-05-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 英語多読学習における高次元流暢性獲得のための準自律学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-autonomous Learning Leads to Higher Level of Reading Fluency through Extensive Reading 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多読 / Extensive Reading  
キーワード(2)(和/英) 準自律学習 / Semi-autonomous Learning  
キーワード(3)(和/英) 性能評価 / Performance Evaluation  
キーワード(4)(和/英) 高次元流暢性 / Higher Level of Fluency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野里 好邦 / Yoshikuni Onozato / オノザト ヨシクニ
第1著者 所属(和/英) 放送大学群馬学習センター (略称: 放送大)
Open University of Japan (略称: OUJ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベアリー キース / Barry Keith / ベアリー キース
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of Ryukyu (略称: UR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 正一 / Shoichi Noguchi / ノグチ ショウイチ
第3著者 所属(和/英) 仙台応用情報学研究振興財団 (略称: 仙台応用情報学研究振興財団)
Sendai Foundatiion for Applied Information Sciences (略称: SFAIS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-28 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2020-3 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2020-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会