お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-22 13:00
[依頼講演]IEEE802.11g無線LANにおける複数ノードによる分割ダウンロードの合計スループットについての評価
舟阪淳一小畑博靖石田賢治広島市大IN2020-7 RCS2020-20
抄録 (和) 我々はこれまでIEEE802.11g無線LANネットワークを対象に、できるだけ高い合計スループットを得るために必要なTCP接続数を、複数のTCPバージョン(CUBIC, Compound, NewReno)について評価してきた。しかしながら一般的にWebアクセスに利用されるHTTPで発生する要求の送信とそれに対する応答遅延が考慮されていなかった。本稿では特にファイルを分割して部分ファイルを繰返し取得してからファイルを完成させる分割ダウンロード技術に着目し、応答遅延が合計スループットに与える影響を評価した。その結果、常時送信バッファにデータが存在する飽和フローと比較して、分割ダウンロードではより多くの接続を用いないと帯域を使い切ることができないこと、および各接続の公平性は高くなる傾向であることがわかった。 
(英) We have evaluated the conditions in terms of the number of TCP connections to obtain the highest total throughput on an IEEE 802.11g network. In our evaluation, the direction of data flow and TCP versions, CUBIC, Compound, and NewReno are taken into account. However, intermittent data transfers, which are typically observed on requests and their responses of HTTP for Web accesses, have been out of scope. In this report, we evaluate and discuss the influence of response times required by segmented file download processes on the throughput in a wireless LAN. As a result, comparing with the saturated flow which always holds data in the sending buffer, the segmented file download processes require more number of flows to saturate the bandwidth and yield better fairness among concurrent flows.
キーワード (和) 並列TCP接続 / スループット / 無線LAN / IEEE 802.11g / 分割ダウンロード / / /  
(英) Parallel TCP connections / Throughput / Wireless LAN / IEEE 802.11g / Segmented file download / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 30, IN2020-7, pp. 31-36, 2020年5月.
資料番号 IN2020-7 
発行日 2020-05-14 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2020-7 RCS2020-20

研究会情報
研究会 IN RCS NV  
開催期間 2020-05-21 - 2020-05-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET,モバイルネットワーク,M2M・IoT通信制御,無線LAN(Wi-Fi),IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Ad-Hoc/Sensor Networks/MANET, Mobile Networks, M2M/IoT Communications, Wi-Fi, IEEE802.15(ZigBee) and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-05-IN-RCS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11g無線LANにおける複数ノードによる分割ダウンロードの合計スループットについての評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation on Total Throughput of Segmented File Download Processes on Multiple Nodes over IEEE 802.11g Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 並列TCP接続 / Parallel TCP connections  
キーワード(2)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11g / IEEE 802.11g  
キーワード(5)(和/英) 分割ダウンロード / Segmented file download  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-22 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2020-7,IEICE-RCS2020-20 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.30(IN), no.29(RCS) 
ページ範囲 pp.31-36(IN), pp.55-60(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-05-14,IEICE-RCS-2020-05-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会