お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-15 16:15
カルバコール誘導β振動周波数の概日調節と抑制性神経機構の関連性
重本昌也大坪義孝夏目季代久九工大NLP2020-10
抄録 (和) 生物は外界の明暗サイクルにより睡眠等の生理機能が調節されて おり 日周リズムを持って いる 海馬が関わる 記
憶学習 課題の成績 も日周リズムにより調節されている .しかし,日周リズムが 記憶に 関与する 脳波にどのような影響を与えてい
るかは明らか になっていなかった 近年私たちは ラット海馬スライス で誘導される神経 振動現象を用い,日周リズムと脳波の
関係 を調査した. β 振動 パラメータの Zeitgeber Time (ZT)依存性を調べた所 暗期 で ある ZT16-19で, 周波数は 有意 に 減少した.
また 持続時間もその時間で短くなった .また IBIは ZT12-15で長くなった .特に周波数に関して ZT16-19以外 の振動に対し, GABAA受容体阻害薬を投与 した所 周波数は有意に減少し ZT16-19の 周波数と同程度になった しかしこれらの振動パラメータが日周
リズム性を持つかどうか明らかでは無かった .本研究では 振動パラメータの日周リズム性 を調べ また抑制性神経との関与も調
べた .その結果 振動パラメータのうち 周波数のみが有意な日周リズムを持つ事が分かった .その最下点は ZT21近辺であった .ペアパルス抑制実験から ZT16-19では ZT16-19以外 に比べて脱抑制の度合いが 大きかった .さらにリアルタイム PCR法を用いて
時計遺伝子発現量を定量的に調べた結果,海馬スライス内でも時計遺伝子 Per1,2が日周リズム変動している可能性が示唆され
た .以上の結果から 時計遺伝子によ り 抑制性神経伝達の日周リズム変動 が起こり 海馬β波は 周波数調節 を 受けている 可能性が
示唆される . 
(英) The physiological activity of animal’s brain is modulated by diurnal rhythm that depends on light/dark cycle. The rhythm is generated in suprachiasmatic nucleus in the brain. The performance in the memory task which depends on the activity of hippocampus is also modulated by the rhythm. Theta and beta waves are related to the memory process. However, the relationship between the brain waves and the diurnal rhythm has not yet been clarified. Hence so far we have investigated the relationship using the carbachol-induced beta oscillations induced in rat hippocampal slices. We found that the frequency was significant lower at night of Zeitgeber Time (ZT) 16-19. In the present study we studied the diurnal rhythmicity of the parameters of beta oscillations, and the involvement of the activity of the inhibitory neurons. In results, 1) the locomotion activity had the peak around at ZT18. 2) Among the oscillatory parameters only the frequency had the significant diurnal rhythmicity. 3) The pair-pulse ratio of the spike activity tended to be higher at ZT16-19 than the other ZT’s. The ratio reflects the degree of the disinhibition. Together with the previous results the previous study, these results suggest that the brain wave in the hippocampus will be modulated by diurnal rhythm through the modulation of the inhibitory transmission.
キーワード (和) 海馬 / β波 / 抑制性神経 / 日周リズム / GABAA受容体 / 周波数 / /  
(英) Hippocampus / Beta rhythm / Inhibitory neuron / Diurnal rhythm / GABAA receptor / Frequency / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 26, NLP2020-10, pp. 49-54, 2020年5月.
資料番号 NLP2020-10 
発行日 2020-05-08 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2020-10

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2020-05-15 - 2020-05-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2020-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カルバコール誘導β振動周波数の概日調節と抑制性神経機構の関連性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The relationship between circadian modulation of the frequency of carbachol-induced beta oscillations and the inhibitory neuron mechanism. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海馬 / Hippocampus  
キーワード(2)(和/英) β波 / Beta rhythm  
キーワード(3)(和/英) 抑制性神経 / Inhibitory neuron  
キーワード(4)(和/英) 日周リズム / Diurnal rhythm  
キーワード(5)(和/英) GABAA受容体 / GABAA receptor  
キーワード(6)(和/英) 周波数 / Frequency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 重本 昌也 / Masaya Shigemoto / シゲモト マサヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坪 義孝 / Yoshitaka Ohtubo / オオツボ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 季代久 / Kiyohisa Natsume / ナツメ キヨヒサ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-15 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2020-10 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2020-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会