お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-15 15:25
パルス性妨害波によるEthernet通信品質劣化の調査(1) ~ 100BASE-TX and 1000BASE-T ~
リ ミンソン矢野佑典和田修己京大EMCJ2020-9
抄録 (和) 近年,車載ネットワークで扱う情報量の増大に伴い,高速・大容量の通信方式として車載Ethernetが注目されている.また,車載通信機器の信頼性と安全性の保証にはイミュニティ試験が要求される.車載Ethernetのイミュニティ試験で用いられるパルス性妨害波はすでに規定されているが,通信品質の劣化を引き起こす妨害波の特徴や,妨害波印加時に生じる誤動作機構については解明されていない.そのため,イミュニティ試験の信頼性の向上と試験時間の短縮のためには,通信品質と妨害波パラメータの関係やパルス性妨害波による誤動作機構を調査する必要がある.本報告では,初期検討として民生Ethernet通信規格である100BASE-TXと1000BASE-Tを対象に,差動通信線へディファレンシャルモードのパルス性妨害波を印加する実験を行った.その結果,両者では通信品質の劣化を引き起こすパルス性妨害波の特徴に違いが見られ,それぞれ異なる機構と推測できるデータ誤りが観測された. 
(英) Recently, Ethernet communications have been attracting attention as high-speed and large-capacity communication methods with an increase in the amount of information handled in in-vehicle networks. Immunity tests are required to ensure the reliability and safety of in-vehicle communication devices. Although pulse disturbances used for in-vehicle Ethernet immunity tests have been specified, the characteristics of disturbances that cause communication quality degradation and the cause of malfunction that occur when disturbances are applied have not been elucidated. To improve the immunity test reliability and shorten the test time, it is necessary to elucidate the relation between communication quality and parameters of disturbances and the mechanism of malfunction caused by pulse disturbances. In this report, as an early study, we focus on the consumer Ethernet communication standards 100BASE-TX and 1000BASE-T. To investigate the relation between the pulse parameters and communication quality and the mechanism, we conducted an experiment to apply pulse disturbances in differential mode to the differential communication lines. As a result, we found the differences in the parameters of the pulse disturbances to cause degradation of communication quality. Also, the data errors were observed that were inferred to result from different mechanisms in each standard.
キーワード (和) Ethernet / パルス性妨害波 / 100BASE-TX / 1000BASE-T / イミュニティ / / /  
(英) Ethernet / Pulse disturbance / 100BASE-TX / 1000BASE-T / Immunity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 20, EMCJ2020-9, pp. 27-32, 2020年5月.
資料番号 EMCJ2020-9 
発行日 2020-05-08 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-9

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2020-05-15 - 2020-05-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2020-05-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルス性妨害波によるEthernet通信品質劣化の調査(1) 
サブタイトル(和) 100BASE-TX and 1000BASE-T 
タイトル(英) Experimental Results on Ethernet Communication Degradation by Pulse Disturbances (Part 1) 
サブタイトル(英) 100BASE-TX and 1000BASE-T 
キーワード(1)(和/英) Ethernet / Ethernet  
キーワード(2)(和/英) パルス性妨害波 / Pulse disturbance  
キーワード(3)(和/英) 100BASE-TX / 100BASE-TX  
キーワード(4)(和/英) 1000BASE-T / 1000BASE-T  
キーワード(5)(和/英) イミュニティ / Immunity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) リ ミンソン / Minseong Lee / リ ミンソン
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 佑典 / Yusuke Yano / ヤノ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 修己 / Osami Wada / ワダ オサミ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-15 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-9 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2020-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会