お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-15 14:00
高密度配線における非対称構造差動線路を用いたモード変換抑制
竹内智哉豊田啓孝五百旗頭健吾岡山大EMCJ2020-6
抄録 (和) 差動伝送では線路の対称性が重要であるが,配線密度が高くなると隣接導体の影響をより受けるようになり,隣接導体が片側にのみ存在する場合では,周囲からの影響が非対称となり差動線路の対称性が崩れる.その結果,ディファレンシャルモードからコモンモードへのモード変換が発生し伝搬特性が低下する.本稿では,疎結合と密結合の差動線路に対して,片側のみ隣接導体が存在する場合にあらかじめ線路を非対称とする非対称構造差動線路を提案し,モード変換とその他の伝搬特性の評価を行った.結果として,線路が直線の場合,非対称構造差動線路は通常の対称構造に比べモード変換を5 dB程度低減できることを確認した.一方,線路が屈曲を有する場合は,密結合では非対称構造がモード変換抑制に効果的だが,疎結合では以前我々が提案した非対称テーパ付密度結合屈曲構造がモード変換抑制に効果的ということが分かった. 
(英) Although symmetry is important for differential-transmission lines, the denser the wiring gets, the more the adjacent conductors affect the transmission characteristics. The dense parallel traces easily break the symmetry due to the electromagnetic coupling with the adjacent conductor placed only on one side, leading to mode conversion. In this paper, we propose an asymmetric geometry of differential-transmission lines placed on the side of no adjacent conductor to suppress mode conversion and maintain signal integrity. As a result, it was found that mode conversion in the straight parallel traces is successfully suppressed by approximately 5 dB compared to the conventional symmetric structure. On the other hand, the asymmetric geometry successfully suppressed mode conversion in the tightly coupled parallel traces with a bend, whereas the tightly coupled asymmetrically tapered bend we had so far proposed successfully suppressed mode conversion in the loosely coupled parallel traces with a bend.
キーワード (和) 差動線路 / モード変換 / ミックストモード Sパラメータ / 非対称構造差動線路 / 非対称テーパ / 高密度配線 / /  
(英) differential-transmission lines / mode conversion / mixed-mode S parameters / asymmetric geometry / symmetric taper / dense parallel traces / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 20, EMCJ2020-6, pp. 7-13, 2020年5月.
資料番号 EMCJ2020-6 
発行日 2020-05-08 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-6

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2020-05-15 - 2020-05-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2020-05-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高密度配線における非対称構造差動線路を用いたモード変換抑制 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Suppression of Mode Conversion Using Asymmetric Differential-Transmission Lines for Dense Parallel Traces 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動線路 / differential-transmission lines  
キーワード(2)(和/英) モード変換 / mode conversion  
キーワード(3)(和/英) ミックストモード Sパラメータ / mixed-mode S parameters  
キーワード(4)(和/英) 非対称構造差動線路 / asymmetric geometry  
キーワード(5)(和/英) 非対称テーパ / symmetric taper  
キーワード(6)(和/英) 高密度配線 / dense parallel traces  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 智哉 / Tomoya Takeuchi / タケウチ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 啓孝 / Yoshitaka Toyota / トヨタ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五百旗頭 健吾 / Kengo Iokibe / イオキベ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-15 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-6 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.7-13 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-EMCJ-2020-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会