お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-09 09:30
敵対的事例攻撃の威力と原因解明
櫻井幸一九大COMP2020-5
抄録 (和) 深層学習に間違った判断をさせる敵対的事例を使ったサイバー攻撃の危険性が、セキュリティの観点からも重要視されている。すでに様々な攻撃と防御に関する研究が発表されている。敵対的事例攻撃は、深層学習が持つ内在的な特性であると主張する研究も発表された。暗号解析学の大家Adi Shamirは、敵対的事例の原因解明に、組み合わせ幾何を利用した攻撃探索アルゴリズムを提案し、その正当性を実験的に検証した。本稿では、このShamirの手法の紹介に加えて、最近の敵対的機械学習の限界解明の研究状況を報告する。 
(英) A risk of adversarial example attacks which cause deep learning to make wrong decisions is getting serious even from a cybersecurity perspective. Research papers on various attacks and defenses have already been published. Some studies have claimed that the adversarial attack are a kind of an intrinsic property of deep learning itself. A famous crypto analysist Adi Shamir introduced combinatorial geometry theory to elucidate the adversarial example attacks and experimentally succeeded to confirm the validity of his attack search algorithm. In this article, in addition to an introduction of Shamir's research, we report recent research progress on the power and limitations of adversarial example attacks.
キーワード (和) 深層学習 / 敵対的事例 / 活性化関数 / 組合せ幾何 / サイバーサイエンス / / /  
(英) Deep learning / dversarial examples / activate function / combinatoric geometry / cyber science / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 13, COMP2020-5, pp. 33-36, 2020年5月.
資料番号 COMP2020-5 
発行日 2020-05-02 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2020-5

研究会情報
研究会 COMP IPSJ-AL  
開催期間 2020-05-09 - 2020-05-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2020-05-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 敵対的事例攻撃の威力と原因解明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Power and limitation of adversarial example attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 深層学習 / Deep learning  
キーワード(2)(和/英) 敵対的事例 / dversarial examples  
キーワード(3)(和/英) 活性化関数 / activate function  
キーワード(4)(和/英) 組合せ幾何 / combinatoric geometry  
キーワード(5)(和/英) サイバーサイエンス / cyber science  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 幸一 / Kouichi Sakurai / サクライ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-09 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2020-5 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-COMP-2020-05-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会