お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-22 14:45
保育の質向上のためのリフレクション支援システムの開発 ~ 保育士の「気になる場面」とリフレクション時の思考プロセス ~
村田知佐恵産総研)・大塚裕子公立はこだて未来大)・大森隆司山田徹志宮田真宏玉川大TL2019-60
抄録 (和) 本研究では、保育現場におけるリフレクション(振り返り)支援システムの開発に必要となる視点や課題を探るため、保育士が子どものどのような場面が気になるのか、その理由は何か、また、保育士間でリフレクションを行う中でどのような結論が導かれるかなど、保育士の思考に焦点を当てたリフレクション実験を行った。その結果、保育士はリフレクションにおいて、「気になる場面」として捉えた事象に関して、他の保育士からの追加の情報を含めて子どもの行動の意図を推察した後に、本当に気になった理由を語り、結論を導くという思考プロセスが見られた。それにより、アノテーション機能が「事象」と「理由」の2段階で必要なことがわかった。 
(英) In this study, we conducted a reflection experiment focusing on the thinking of nursery teachers, in order to explore the perspectives and issues necessary for the development of a reflection support system. The result revealed that there was a thinking process in which nursery teachers talk about what they really care and then lead a conclusion, after estimating with their colleagues the intention of the subjected child’s behavior, regarding the event of an “salient scene” that they have marked.
キーワード (和) リフレクション / 保育 / 思考プロセス / 人工知能 / / / /  
(英) Reflection / Nursery / Thinking Process / Artificial Intelligence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 484, TL2019-60, pp. 27-32, 2020年3月.
資料番号 TL2019-60 
発行日 2020-03-15 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2019-60

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2020-03-22 - 2020-03-22 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) テーマ(1):e-learningにおける学習対話デザイン テーマ(2):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション テーマ(3):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション 
テーマ(英) Theme 1: Learning Dialogue Design in e-learning Theme 2: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication, Theme 3: Abduction of meaning, Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2020-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 保育の質向上のためのリフレクション支援システムの開発 
サブタイトル(和) 保育士の「気になる場面」とリフレクション時の思考プロセス 
タイトル(英) Development of Reflection Support System for Improving Quality of Nursery Education 
サブタイトル(英) "Salient Scenes" captured by Nursery Teachers and Their Thinking Process in Group Reflection 
キーワード(1)(和/英) リフレクション / Reflection  
キーワード(2)(和/英) 保育 / Nursery  
キーワード(3)(和/英) 思考プロセス / Thinking Process  
キーワード(4)(和/英) 人工知能 / Artificial Intelligence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 知佐恵 / Chisae Murata / ムラタ チサエ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 裕子 / Hiroko Otsuka / オオツカ ヒロコ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 隆司 / Takashi Omori / オオモリ タカシ
第3著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 徹志 / Tetsuji Yamada / ヤマダ テツジ
第4著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 真宏 / Masahiro Miyata / ミヤタ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-22 14:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-60 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2020-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会