お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-16 16:45
デジタルサービスエコシステム活性化に向けたブロックチェーンによる協調型スコアリング手法
渡邊健太郎新井悠介小澤洋司手塚 伸保田淑子日立SC2019-51
抄録 (和) デジタルを活用したイノベーション創生の重要性が高まる中,オープンイノベーションの実現に向けて,参加組織間の協調によるエコシステム形成・活性化が求められている.エコシステム形成・活性化のためのインセンティブ付与手段のひとつにスコアリングがある.従来,スコアリングの手段として,サービス利用状況等にもとづきサービスやステークホルダをスコアリングする手法が用いられてきた.しかし,その手法では中心となる特定の組織がスコアリングし,スコア算出ロジックは開示されず,さらにその組織により決定されていたことから,透明性,公平性の観点で問題があった.そこで,本研究では,複数組織が協調してスコアリングする手法を提案するとともに,協調しながら複数の分散組織間で台帳データを管理するブロックチェーン技術を応用したスコアリングサービスのプロトタイプを実装し,その実現性を確認した. 
(英) Innovation creation with digital technologies has been more important, and collaboration among ecosystem organizations for open-innovation has been demanded. One of the incentives giving methods for ecosystem revitalization is the scoring. The conventional scoring is the one to observe activities of stakeholders and utilization of services and evaluate the value of services and stakeholders in the ecosystem. However, there was a problem in terms of transparency and fairness because, in this method, the specific core organization of the ecosystem is only responsible for scoring; moreover, the scoring logics are closed, and the other organizations are not allowed to change the logic. Therefore, in this research, we proposed the blockchain-based collaborative scoring method and verified feasibility.
キーワード (和) ブロクチェーン / スコアリング / デジタルサービス / エコシステム活性化 / インセンティブ設計 / 協調 / /  
(英) blockchain / Scoring / Digital Service / Collaborative / Ecosystem Revitalization / Incentive Design / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 482, SC2019-51, pp. 103-108, 2020年3月.
資料番号 SC2019-51 
発行日 2020-03-09 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SC2019-51

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2020-03-16 - 2020-03-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習工学とサービスコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Machine Learning Systems Engineering and Service Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2020-03-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルサービスエコシステム活性化に向けたブロックチェーンによる協調型スコアリング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blockchain-based collaborative scoring method for digital service ecosystem revitalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロクチェーン / blockchain  
キーワード(2)(和/英) スコアリング / Scoring  
キーワード(3)(和/英) デジタルサービス / Digital Service  
キーワード(4)(和/英) エコシステム活性化 / Collaborative  
キーワード(5)(和/英) インセンティブ設計 / Ecosystem Revitalization  
キーワード(6)(和/英) 協調 / Incentive Design  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 健太郎 / Kentaro Watanabe / ワタナベ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 悠介 / Yusuke Arai / アライ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 洋司 / Yoji Ozawa / オザワ ヨウジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 伸 / Shin Tezuka / テヅカ シン
第4著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 保田 淑子 / Yoshiko Yasuda / ヤスダ ヨシコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-16 16:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2019-51 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SC-2020-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会