お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-11 09:30
KCipher-2に対する差分攻撃への耐性評価
寶木 仁阪本光星兵庫県立大)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICTIT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57
抄録 (和) 本稿では, CYPTREC暗号リストの電子政府推奨暗号にストリーム暗号としては唯一選定されているKCipher-2の差分攻撃に対する耐性評価を行う. 2011年にMouhaらが提案したMILPを用いたActive S-box評価を行い, Preneelらの評価では考慮できていなかった差分パスを考慮し, 32ビットモジュラ加算と線形変換の操作についてもモデリングを行う. 結果として, 関連IV差分攻撃では15ラウンドで最小Active S-box数の下限が25個, 関連IV-鍵差分攻撃では24ラウンドで最小Active S-box数の下限が15個であることを示す. また, KCipher-2が関連IV差分攻撃に対して安全であることを本稿が初めて示しす. 
(英) This paper will investigate the resistance of KCipger-2 against differential attacks, which is the unique official stream cipher recommended by CRYPTREC. The main technique is to utilize the MILP-based method to evaluate the number of active S-boxes. In our MILP model, the neglected differential paths by Preneel et al. will be taken into account. In addition, we will also consider the model to describe the difference propagations through the 32-bit modular addition operation and the linear transform of KCipher-2, respectively. As a result, we reveal that the minimal number of active S-boxes is 25 for related IV differential attacks on 15-round KCipher-2 and the minimal number of active S-boxes is 15 for related IV-key differential attacks on 24-round KCipher-2.
キーワード (和) ストリーム暗号 / KCipher-2 / 差分攻撃 / Active S-box / MILP / / /  
(英) stream cipher / KCipher-2 / Differential attack / Active S-box / MILP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 474, ISEC2019-104, pp. 121-126, 2020年3月.
資料番号 ISEC2019-104 
発行日 2020-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2020-03-10 - 2020-03-11 
開催地(和) 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド) 
開催地(英) University of Hyogo 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2020-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KCipher-2に対する差分攻撃への耐性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security Evaluation of Differential Attacks against KCipher-2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ストリーム暗号 / stream cipher  
キーワード(2)(和/英) KCipher-2 / KCipher-2  
キーワード(3)(和/英) 差分攻撃 / Differential attack  
キーワード(4)(和/英) Active S-box / Active S-box  
キーワード(5)(和/英) MILP / MILP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寶木 仁 / Jin Hoki / ホウキ ジン
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪本 光星 / Kosei Sakamoto / サカモト コウセイ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 一彦 / Kazuhiko Minematsu / ミネマツ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十部 孝典 / Takanori Isobe / イソベ タカノリ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院/国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: 兵庫県立大/NICT)
University of Hyogo/National Institute of Information and Communications Technology (略称: Hyogo Univ./NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-11 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2019-108,IEICE-ISEC2019-104,IEICE-WBS2019-57 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.473(IT), no.474(ISEC), no.475(WBS) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-03-03,IEICE-ISEC-2020-03-03,IEICE-WBS-2020-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会