お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-11 11:30
習慣化支援のための視線誘導に着目した情報表示方法の基礎検証
西條涼平佐藤 妙永徳真一郎渡辺昌洋NTTLOIS2019-59
抄録 (和) 目標(健康増進,スキル獲得,技能向上など)に向けて意欲があっても,必要な行動をユーザ自ら習慣づけて継続することは難しいため支援が必要である.本研究では,適切な行動の情報を随時表示するシステムにより,
習慣化を支援することを目指すが,表示した際に即時的に閲覧してもらうために,閲覧を強制すると妨害感を高め,利用の中断につながる可能性がある.逆に強制しない場合は,閲覧率の低下につながると予想される.
そこで妨害感の低減と確実な閲覧を両立する情報表示方法として「情報の閲覧を強制するが自ら選んで閲覧したと感じさせる手法」を提案する.15名の参加者を対象にした実験により提案手法は,妨害感を低減でき,かつ,閲覧の確実性を向上できる可能性があると示唆された. 
(英) It is difficult for users to habitually continue working for their goals such as good health, skill acquisition, and improving skills even if they have motivation for the goals. In this research, we develop an assisting system for making a habit by displaying information for activities. The system requires users' certain access to information when it is shown and also requires continuous using the system. However, if the system forces users to look at the display, they may feel annoyed and will stop using the system. If not it causes decreasing the number of reading the information. Thus, we propose a novel display method that has less annoyance and high certainty of accessing information. It uses visual attention guidance by changing the brightness within user's peripheral vision. The experiment with 15 participants indicates the possibility of the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 習慣化 / 視線誘導 / 周辺視野 / / / / /  
(英) habituation / visual attention guidance / peripheral vision / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 477, LOIS2019-59, pp. 19-24, 2020年3月.
資料番号 LOIS2019-59 
発行日 2020-03-04 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2019-59

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2020-03-11 - 2020-03-12 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2020-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 習慣化支援のための視線誘導に着目した情報表示方法の基礎検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of information display method focusing on visual attention guidance for self improvement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 習慣化 / habituation  
キーワード(2)(和/英) 視線誘導 / visual attention guidance  
キーワード(3)(和/英) 周辺視野 / peripheral vision  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西條 涼平 / Ryohei Saijo / サイジョウ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 妙 / Tae Sato / サトウ タエ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永徳 真一郎 / Shin-ichiro Eitoku / エイトク シンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 昌洋 / Masahiro Watanabe / ワタナベ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corp. (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-11 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2019-59 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2020-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会