お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-10 14:25
最大ラン長が制限された単一挿入/削除訂正符号の符号化法
武元玲央南野崎隆之山口大IT2019-105 ISEC2019-101 WBS2019-54
抄録 (和) 同期誤りによって,送信したデータ系列に挿入/削除が生じることがある.Schoenyらは,ちょうど$b$個の連続したシンボルの挿入/削除が訂正できる符号を構成した.その符号の構成には,最大ラン長が制限された単一挿入/削除訂正 (RLL-SIDC : Run Length Limited Single Insertion/Deletion Correcting) 符号と範囲指定された単一挿入/削除訂正符号が用いられている.そのため,効率的な$b$バースト挿入/削除訂正符号の符号化法を構成するには,RLL-SIDC符号符号化法が必要である.
本稿では,最大ラン長の制限がしやすいSIDC符号とその符号化法を与え,既存の最大ラン長を制限する手法と組み合わせることで,RLL-SIDC符号の効率的な符号化法を提案する. 
(英) Synchronization errors cause insertion and deletion in transmitted sequences.Schoeny et al. constructed codes correcting a burst of insertions or deletions. They employ a run-length limited single insertion/deletion correcting (RLL-SIDC) code and a bounded single insertion/deletion correcting code. To present an efficient algorithm for the burst insertion/deletion correcting code,
we need to provide one for an RLL-SIDC code. The purpose of this research is to provide an fficient encodable RLL-SIDC code.
In this report, we construct an SIDC code which has a mechanism to limit the maximum run-length of the codeword. Moreover, we present its encoding algorithm.
キーワード (和) 単一挿入/削除訂正符号 / 最大ラン長が制限された符号 / 符号化法 / / / / /  
(英) Single Insertion/Deletion Correcting Codes / Run Length Limited Codes / Encoding Algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 473, IT2019-105, pp. 101-106, 2020年3月.
資料番号 IT2019-105 
発行日 2020-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-105 ISEC2019-101 WBS2019-54

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2020-03-10 - 2020-03-11 
開催地(和) 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド) 
開催地(英) University of Hyogo 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2020-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大ラン長が制限された単一挿入/削除訂正符号の符号化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Encoding Algorithm for Run Length-Limited Single Insertion/Deletion Correcting Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 単一挿入/削除訂正符号 / Single Insertion/Deletion Correcting Codes  
キーワード(2)(和/英) 最大ラン長が制限された符号 / Run Length Limited Codes  
キーワード(3)(和/英) 符号化法 / Encoding Algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武元 玲央南 / Reona Takemoto / タケモト レオナ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 隆之 / Takayuki Nozaki / ノザキ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2019-105,IEICE-ISEC2019-101,IEICE-WBS2019-54 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.473(IT), no.474(ISEC), no.475(WBS) 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-03-03,IEICE-ISEC-2020-03-03,IEICE-WBS-2020-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会