お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-07 11:20
車線検出機能に対する色調改変攻撃
宮園史規吉田直樹松本 勉横浜国大VLD2019-140 HWS2019-113
抄録 (和) 完全自動運転の実現に向けて自動車には様々な機能が組込まれている.中でも,カメラを用いて車線を検出する機能は,搭乗者および周囲の安全確保に関して重要な役割を担っている.車線検出機能のセキュリティが損なわれると重大な事故につながる恐れがあるため,計測セキュリティの観点からそのような状況を想定し,対策を講じることが必要である.本稿では,カメラに物体を取り付けたり光を照射したりすることによりカメラで取得された画像の色合いを変化させ,車線検出を正常に行えなくする攻撃につき検討し,その実現可能性を示す. 
(英) Various functions have been incorporated into automobiles to realize fully automatic driving. In particular, the function of detecting lanes using cameras plays an important role in ensuring the safety of passengers and their surroundings. If the security of the lane detection function is compromised, a serious accident may occur, so it is necessary to assume such a situation and take countermeasures from the viewpoint of instrumentation security. In this paper, we examine attacks that change the color of the captured image by attaching an object to the camera or irradiating the light, so that lane detection cannot be performed normally.
キーワード (和) 自動運転車 / 計測セキュリティ / 車線検出 / LaneNet / H-Net / / /  
(英) Self-driving Car / Instrumentation Security / Lane Detection / LaneNet / H-Net / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 444, HWS2019-113, pp. 269-274, 2020年3月.
資料番号 HWS2019-113 
発行日 2020-02-26 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2019-140 HWS2019-113

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-07 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2020-03-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車線検出機能に対する色調改変攻撃 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Color Alteration Attacks on Lane Detection Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動運転車 / Self-driving Car  
キーワード(2)(和/英) 計測セキュリティ / Instrumentation Security  
キーワード(3)(和/英) 車線検出 / Lane Detection  
キーワード(4)(和/英) LaneNet / LaneNet  
キーワード(5)(和/英) H-Net / H-Net  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮園 史規 / Fumiki Miyazono / ミヤゾノ フミキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学大学院 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University Graduate School (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 先端科学高等研究院 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University Institute of Advanced Sciences (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-07 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-VLD2019-140,IEICE-HWS2019-113 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.443(VLD), no.444(HWS) 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2020-02-26,IEICE-HWS-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会