お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-07 10:10
月の満ち欠けの授業におけるVRの実践と評価
社本勇希シネフー ナムスライ檜垣泰彦千葉大ET2019-86
抄録 (和) 天文分野において,月が満ち欠けする理由に対して誤概念を持つ児童は多い。学習者にとって,月の満ち欠けの仕組みを理解するために必要な点は,観察や実験を通した,直接的な体験と空間を把握するために必要な心的視点移動である。また,実際の授業では複数人を対象とするため,複数の学習者を対象とするものでなくてはならない。そこで本研究では,スマートフォン用VR(Virtual Reality)を月の満ち欠けを指導するための教材として実際の学校の授業に導入した。実験の結果,月の満ち欠けの授業における,スマートフォン用VRの有効性がわかった。 
(英) In the astronomy field, the number of students is very many who misunderstand the reason why moon’s face changes. There are important two points to understand the reasons why moon’s face changes for students. First, it is direct experiences through observations and experiments. Second, it is psychological eye-movements to understand space. Additionally, teachers should make environments for them because multiple students take classes in practical classes. Therefore, I let teachers use smartphone VR(Virtual Reality) in classes in this study and I evaluated it and designed classes through experiments. Experiments showed that smartphone VR is effective in classes of the change of the moon’s face.
キーワード (和) VR / 月の満ち欠け / 体験学習 / 教育工学 / / / /  
(英) VR / Moon's face / Experiential learning / Educational technology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 468, ET2019-86, pp. 59-62, 2020年3月.
資料番号 ET2019-86 
発行日 2020-02-29 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2019-86

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2020-03-07 - 2020-03-07 
開催地(和) 香川高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Kagawa Collage 
テーマ(和) LMSとeポートフォリオ/一般 
テーマ(英) LMS and e-Portfolio, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2020-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 月の満ち欠けの授業におけるVRの実践と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Practice and evaluation of VR in classes of moon's phases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / VR  
キーワード(2)(和/英) 月の満ち欠け / Moon's face  
キーワード(3)(和/英) 体験学習 / Experiential learning  
キーワード(4)(和/英) 教育工学 / Educational technology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 社本 勇希 / Yuki Shamoto / シャモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) シネフー ナムスライ / Shinekhuu Namsrai / シネフー ナムスライ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 檜垣 泰彦 / Yasuhiko higaki / ヒガキ ヤスヒコ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-07 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2019-86 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2020-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会