お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 09:20
基地局連携送受信における伝搬遅延差による影響の特性評価
伊藤雅秋菅野一生大関武雄山崎浩輔KDDI総合研究所RCS2019-384
抄録 (和) 第5世代以降の無線通信システムに向けてcell-free massive MIMO(CF mMIMO)が注目されている.CF mMIMOでは,分散配置された多数の基地局アンテナが連携することでユーザ当たりのデータレートを飛躍的に向上させることが期待できる.しかしながら,既存のセルラーシステムと異なりセルやセクタの概念を持たないことにより,端末から比較的離れた複数の基地局送受信点(TRP)でも信号が受信可能である一方で,伝搬遅延差により近距離にある基地局とは非同期に受信されることが想定される.本稿では,このような環境を想定してCF mMIMOにおける伝搬遅延差や受信電力差を考慮した特性評価を行い,影響を明らかにする.具体的には,計算機シミュレーションによって,受信電力差が大きくない環境では伝搬遅延差がCP長を超えるとSNR対BLER特性が大幅に劣化することを明らかにした. 
(英) Cell-free massive MIMO is paid attention to for the post-5G (or 6G) cellular system. It is expected to increase user data rate by cooperation of massive distributed base station antennas. It is concerned, however, that some transmission reception points (TRPs) in far distance may process the data of identical user equipment (UE), or that the distance may be long between an TRP and UE. In this paper, performance evaluations were executed with consideration of propagation delay difference and reception power difference. It is clarified that, in some environments, performance of signal-to-noise ratio versus block error rate is degraded severely when the propagation delay difference is longer than the cyclic prefix length.
キーワード (和) 基地局連携 / 6G / cell-free massive MIMO / 非同期受信 / 分散アンテナシステム / / /  
(英) base station cooperation / 6G / cell-free massive MIMO / asynchronous reception / distributed antenna systems / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 448, RCS2019-384, pp. 329-334, 2020年3月.
資料番号 RCS2019-384 
発行日 2020-02-26 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-384

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 基地局連携送受信における伝搬遅延差による影響の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Performance Evaluation on Effects of Propagation Delay Difference in a Base-Station-Cooperative System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局連携 / base station cooperation  
キーワード(2)(和/英) 6G / 6G  
キーワード(3)(和/英) cell-free massive MIMO / cell-free massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) 非同期受信 / asynchronous reception  
キーワード(5)(和/英) 分散アンテナシステム / distributed antenna systems  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雅秋 / Masaaki Ito / イトウ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 一生 / Issei Kanno / カンノ イッセイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大関 武雄 / Takeo Ohseki / オオセキ タケオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-384 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.329-334 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会