お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 13:00
鮮鋭化・ぼやけピクチャを用いた画面間予測による動画像符号化
松尾康孝NHKIMQ2019-35 IE2019-117 MVE2019-56
抄録 (和) ぼやけ度合が変化するシーンの符号化効率を改善するために,画面間予測の参照ピクチャとして従来の局部復号ピクチャに加えてその複数の鮮鋭化・ぼやけピクチャを生成し,Rate Distortionコストが最小となるピクチャを小領域(Coding Unit)単位で選択する方法を提案する.高画質な鮮鋭化ピクチャを生成するために,提案方法では鮮鋭化ピクチャを画像の自己相似性を利用した多重解像度分解成分間のレジストレーション超解像により生成する.提案方法をMPEG-I VVC Test Model(VTM)6.0に実装し,カメラのパンや複雑な動きを持つ動画像において従来のVTM 6.0よりも符号化効率が改善する場合があることを示すとともに,符号化効率が低下する場合に対する考察を行う. 
(英) In order to improve the video coding efficiency for scene of varying amount of motion blur, a novel inter prediction method is proposed by using super-resolved and blurred pictures of local-decoded picture. These pictures are selected for each coding unit to minimize the rate distortion cost. The super-resolved picture is generated by image registration among multi-scale components of a local-decoded picture considering self-similarity of the picture. The proposed method is implemented to the MPEG-I Versatile Video Coding Test Model 6.0 and experiments show the proposed method can improve the coding efficiency for scene with camera pan and complex motion.
キーワード (和) 動画像符号化 / 画面間予測 / 鮮鋭化ピクチャ / ぼやけピクチャ / / / /  
(英) Video Coding / Inter Prediction / Super-Resolved Picture / Blurred Picture / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 456, IE2019-117, pp. 97-102, 2020年3月.
資料番号 IE2019-117 
発行日 2020-02-27 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2019-35 IE2019-117 MVE2019-56

研究会情報
研究会 IE IMQ MVE CQ  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) 九州工業大学 戸畑キャンパス 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2020-03-IE-IMQ-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鮮鋭化・ぼやけピクチャを用いた画面間予測による動画像符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Video Coding by Inter Prediction Using Super-Resolved or Blurred Local-Decoded Pictures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動画像符号化 / Video Coding  
キーワード(2)(和/英) 画面間予測 / Inter Prediction  
キーワード(3)(和/英) 鮮鋭化ピクチャ / Super-Resolved Picture  
キーワード(4)(和/英) ぼやけピクチャ / Blurred Picture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 康孝 / Yasutaka Matsuo / マツオ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2019-35,IEICE-IE2019-117,IEICE-MVE2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.454(IMQ), no.456(IE), no.457(MVE) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2020-02-27,IEICE-IE-2020-02-27,IEICE-MVE-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会