お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 11:40
SDNデータプレーン検証のためのフロー分解による転送量情報の推定手法
清水貴弘北川直哉山井成良東京農工大IN2019-127
抄録 (和) SDN(Software Defined Network)は悪意のあるスイッチによってデータプレーンに対して攻撃を受ける可能性が指摘されており,その対策が議論されている. しかし,TCAM~(Ternary Content Addressable Memory)節約のためにフロー集約が行われた場合の悪意のあるスイッチによる攻撃の検出精度は十分に議論されていない. 本稿では,フロー集約が行われたネットワークについて,転送量情報をEnd-to-End単位に分解する手法と,これを適用した場合の検証への影響について報告する. 
(英) Software Designed Network (SDN) is vulnerable to attacks by compromised switches because software switches commonly used in SDN are more vulnerable than conventional hardware switches. Although several countermeasures have been proposed to address compromised switches, the accuracy of detecting malicious behavior while using flow aggregation for minimize TCAM (Ternary Content Addressable Memory) is not well studied. In this paper, we propose a flow de-aggregation method that can analyze the network per end-to-end traffic flow in the flow aggregation used network. We also show the effect of verification accuracy when using the flow de-aggregation method.
キーワード (和) Software Defined Network / SDN / データプレーン検証 / フロー集約 / / / /  
(英) Software Defined Network / SDN / Data-Plane Verification / Flow Aggregation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-127, pp. 291-296, 2020年3月.
資料番号 IN2019-127 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-127

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SDNデータプレーン検証のためのフロー分解による転送量情報の推定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic Flow Statistics Estimation Method by Flow De-Aggregation for SDN Data-Plane Verification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Software Defined Network / Software Defined Network  
キーワード(2)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(3)(和/英) データプレーン検証 / Data-Plane Verification  
キーワード(4)(和/英) フロー集約 / Flow Aggregation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 貴弘 / Takahiro Shimizu / シミズ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 直哉 / Naoya Kitagawa / キタガワ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山井 成良 / Nariyoshi Yamai / ヤマイ ナリヨシ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-127 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.291-296 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会